×

【セラピストスクール】現地で学ぶ強みは「対処法という醍醐味」 | ARIRIA

BLOG

  • BLOGCottonHouse(コットンハウス福島校)2022.05.30
     
     
    私が考える感動とは?
     
    セラピストの仕事は
    感動だと思っています。
     
    お客様の肌や体調を「感じ」
    それによって「動く」
     
    それによって
    お客様に感動が起きたら
    私は最高に幸せな
    セラピストになれる訳です。
     
    それは短い瞬間であっても
    とっても有意義な瞬間です。
     
     
    しかし
    その過程にいきつくまでは
    ”think”考える
    ”practice”練習する
    という時間が必要。
     
     
    大人になった今
    何も考えず自転車に乗れますよね?
    でもその過程はどうだったでしょう?
     
    どうやったら転ばないかな?
    どうやったら進むかな?
    どうしたら楽しく乗れるかな?
     
     
    スクールはその過程を学びます。
     
    どうやったらミスしないかな?
    どうやったら上手にできるかな?
    どうしたら楽しくエステが出来るかな?
    どうしたらお客様に喜んでいただけるかな?
     
     
    言わば、講師は”補助輪”です。
     
    ミスを減らす為の工夫の仕方
    満足のいく仕上がりにする方法
    楽しい施術になる為にする事
    お客様に満足していただける施術とは
     
     
    上手に自転車に乗れるまでの
    補助輪の様に
    スクールの時間、寄り添います。
     
     

     
    身につく学び方
     
    【スクールでのレッスン】
    実技を学ぶ
    考えながら練習する
    【自主練】
    オンラインの実技動画を見ながら
    何度も何度も反復練習
    失敗してしまったり
    苦手な部分を自分で発見
    【スクールでのレッスン】
    上手くいかない部分の
    対処方法をスクールで聞く
     
     
    何故この流れが必要なのかというと
    1人ひとり”手”の大きさも違えば
    モデルさんの”顔の大きさ”も違います。
     
     
    手が大きければ
    小さい顔のフェイシャルはやりにくい
     
    手や身体が小さければ
    大きな身体で厚みのある身体は
    届きにくくやりにくい
     
    「ならば、どうするか?」
    この対処法が大切なのです。
     
    これこそ、現地に通う醍醐味ですね。
     
     
     
    逆におススメ出来ないのは
    スクールに来ている時間だけで
    全てを学ぼうというやり方です。
     
    実際”覚えた気分”になるだけで
    身体に技術が沁みこまないので
    しばらくすると疑問だらけになります。
     
    福島校では、1つのレッスンの後
    1週間~2週間の自主練を勧めています。
    そして次のレッスンの時に
    復習をしてから、次に移ります。
     
    自主練の時に出てきた疑問を
    次のレッスンで解決するので
    後から迷う事が減り自信に繋がります。
     
     
     
     
     
     
    逆転の発想を持つ
     
     
    先日、生徒さんから
    ”指にイボが出来てしまった”
    ”これでは難しいでしょうか?”
    そんな連絡を受けました。
     
     
    私は
    「生徒さんの時に出来て良かったです!」
    そう答えました。
     
    セラピストで気を付けていても
    指を切ったり
    やけどをしたり
    身体の一部のケガはあります。
     
    大切なのは
    「その時はどうするのか?」
    ”approach”
    対処方法です。
     
     
    対処方法を知らないままであれば
    「ケガをした」=「出来ない」
    そう思いがちですが
     
    幸運な事に
    体験した事によって
    経験になり
    対処方法を学ぶ訳です。
     
    プロを目指しているからこそ
    ”cover” ”recovery”
    の経験も大切な糧ですね。

     


     
     
    私はフィジカルが弱いセラピスト
     
    実は私は
    フィジカルが弱いセラピストです。
     
    手根管症候群
    属にいう、ばね指。
     
    セラピスト歴の長い方に多い症状ですが
    私は更年期症状でなってしまい
    ・たまに指にロックがかかってしまう
    ・手指のしびれて握力が出ない
    この2つが悩みです。
     
    実際ばね指だけではありません。
    頚椎症もありますし
    左足は弱く足底腱膜炎です。

     

     
    しかし、工夫の仕方や
    対処法を考え、知れば
    ちゃんと出来ます。
     
     
     
    指のロックは力を入れた後に起こるので
    ボディーを行ってからのフェイシャルは
    一旦「手を洗う」という
    行動を挟んでからします。
    その時に指の曲げ伸ばしをして
    施術中の指ロック予防。
     
    握力が弱いので体重を減らしません。
     
    頚椎症は低気圧で出やすいので
    耳の周りを揉む事や
    温めて緩める事で緩和し
     
    足底腱膜炎は毎晩ストレッチを行い
    締め付けるものを穿きません。
     
     
    私は、フィジカル的には
    弱いセラピストですが
    「どうしたら出来るのか」に強い
    セラピストでもあります。
     
     
    指が全て変形したら?
    リウマチの様に固まってしまったら?
    そう考えた事はありますか?
     
    私はあります。
    全ての指をガムテープで
    固定してやってみて下さい。
     
     
    すると対処方法を考えるはずです。
    工夫するはずです。
    人は本気でやりたい事は
    足掻くんです。
     
     
    何事も諦めるのには
    まだまだ早いですよ♪
     
     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    121

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    お支払い方法:現金、クレジットカード
    (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)
    PayPay、RPay

  • ※泉駅裏(北口)より、徒歩3分
    ※店舗前に無料駐車場4台あり。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。