×

オーガニックエステ | ARIRIA

「オーガニックエステ」

「オーガニックエステ」
  • BLOG外部活動2024.04.12

    ORGANIC MOTHER LIFE

     

    ORGANIC MOTHER LIFE 自由が丘店

     

    オーガニックセラピストスクール「コットンハウス」の本校、自由が丘店へ行ってまいりました!

     

    オーガニックマザーライフ

     

    丁度、福島校をスタートさせたのが、コロナ渦化だったのもあり、なかなか本店に足を運べていなかったのですが季節巡って、ようやく行けました。

     

    ORGANIC MOTHER LIFE

     

    化粧品工場も併設されている、自由が丘店は見どころが満載です。何せ、販売、エステ、商談、私が滞在している短い時間中でも、この複数を拝見しました。

     

    素敵なサロン内はもちろん見所なのですが、普段一人で仕事をしている私にとって「他の方のお客様への対応が見れる」貴重な機会。とても勉強になりました。

     

    オーガニックマザーライフ

     

    セラピスト制服(エプロン)に似たお洋服を着ていったので、スタッフみたいでしょ?笑

    コットンハウス福島校に入ると、お写真右の成田さんともチャットする事かと思います。とっても柔らかな方ですよ。

     

    オーガニックマザーライフ

     

    神宮前のOPENの合間に、自由が丘店にいらした、まことさん。2度目まして♪

    まことさん(右上)は、コットンハウス福島校に通うと、オンライン座学でお会いすることでしょう。とてもハキハキしていて、面白い美容座学ですよ♪

    光世さん(左下)は、化粧品開発の同期。なんと、雲の上はいつも晴れ「天之美禄」のご愛用してくださっています(オーガニックコスメ、色々使っている方に評価頂くって、とても嬉しい)

     

    ORGANIC MOTHER LIFE

     

    圧巻のエキス棚。

    これらは、全てエステに使用される「植物エキス」です。圧巻すぎて、写真は縦です。笑

     

    ORGANIC MOTHER LIFE

     
     
    左奥に見えるのは、自由が丘本校に「通学」で通うと座るテーブルです。
     
    神宮前「ハラカド」店オープン前なので、荷物いっぱいです。
     
     
    ORGANIC MOTHER LIFE
     
     
    オイルの量り売りに挑戦してきました!
     
    天然合成香料といって、天然の香気成分を組み合わせた、化学合成ではない「植物合成」の香料を使用したオイルです。
     
    なんと、香りはアップル!
     
    少し量り売りしてきたので、是非サロンで嗅いでみてくださいね。
     
     
    アートアクアリウム
     
    おまけ…
     
    今回、東京駅から銀座まで歩きまして、アートアクアリウムに行ってきました。東京駅から銀座まで、電車乗り換えするよりも歩く方が早いかもしれません。
     
    アートアクアリウム
     
    アートアクアリウム
     
     
    このアートアクアリウム、館内に天然アロマ精油の香りが漂うんです。
     
    入った瞬間、いいにおい。
     
    音楽も素敵…
     
    目も耳も鼻も大喜び!
     
     
    アートアクアリウム
  • BLOGお取扱いオーガニックコスメフェイシャルエステ2024.04.04

    オイル

     

    -目次-

    【質問】オイルで油焼けしませんか?

    【質問】ベタベタしませんか?

    【質問】酸化しませんか?

    なぜオイル美容は最強コスパなのか?

    1日22円だけで簡単に肌力をあげる方法

    オイル美容の最大の魅力は「肌を柔らかく」すること

     


     

    【質問】オイルで油焼けしませんか?

     

    植物美容に欠かせない「植物オイル」ですが、お客様から良くある質問で「オイル焼けしないの?」という質問があります。

    つまり油焼けの事で、今より50年ほど前、1970年代後半に「黒皮病」として発生した皮膚トラブル(肌が黒紫に変色する症状)の事をいいます。

     

    原因

    1970年代後半、石油の精製技術が未成熟だった事により、オイルに不純物が残留。それによって活性酸素が発生し、肌の上で酸化→「油やけ」となった。

     

    そもそもは石油由来の鉱物油で起こった現象

     

    ・肌の上にずっとのっている性質である「鉱物油」で起こった現象

    ・植物オイルは10分もすれば浸透してしまう為、有り得ない量を塗らない限り、そもそも起こりにくい。

    ・植物オイル自体は、弱いSPFを持つものが多い為、紫外線カットを持つ。

     

    【質問】ベタベタしませんか?

     

    植物オイルには、不乾性油、半乾性油、乾性油と3つの分類がありますが、お客様の抱く「ベタベタ」のイメージは不乾性にあたります。昔、一時期はやったオリーブオイル美容の影響かもしれませんね。

     

    不乾性油
    ・ヨウ素価100以下
    ・カメリア(椿)オイル、ひまし油、オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、アボカドオイル、ココナッツオイル、ニームオイル、モリンガオイル、シーバックソーン(果実)オイル、マルラオイル、ホホバオイル、バオバブオイル、野菜油等

     

    半乾性油
    ・ヨウ素価100~130
    ・スイートアーモンドオイル、アンズ核油(アプリコットカーネルオイル)、ピーチカーネルオイル、タマヌオイル等

     

    乾性油
    ・ヨウ素価130以上

    ・ローズヒップオイル、月見草オイル、グレープシードオイル、ウチワサボテンオイル、クランベリーシードオイル、松の実オイル、シーバックソーン(種)オイル、亜麻仁油、ザクロ種子油等

     

    美容オイルは、目的に合わせて「しっとりさせたい」「サラッとさせたい」というテクスチャーを表現しています。また、肌年齢によっても「肌にもっと残って欲しい」と考える方もいれば「すぐサラッとして欲しい」と思う方もおりますよね。

    ですので、多くの植物油をブレンドした美容オイルは「10分程度で浸透」しますので、使用量を間違わなければ、べたつきを感じる事は少ないといえます。

    ※それでも、べとつきが気になる方は、ARIRIAの自社コスメ「雲の上はいつも晴れ」天之美禄美容オイルをお選びください。とてもサラッと仕上がります。

     

    【質問】酸化しませんか?

     

    酸化しやすい【乾性油】> 酸化しにくい【不乾性油】、という事があげられますが、一概にこれだけでは判断できません。というのも、ビタミンEを多く含むオイルは酸化しにくいからです。

    そうは言っても、ビタミンCのイメージが強いローズヒップオイルは、3ヶ月もすると酸化しますし、月見草オイルは1ヵ月持たずに酸化してしまいます。

    ※単種で、乾性オイルを買う際には1ヵ月で使いきれる量(1ヵ月10ml程)を目安に購入されると良いかと思います。また、紫外線や商品展示等のライト直下商品は、酸化しやすい傾向があります。

     

    なぜオイル美容は最強コスパなのか?

     

    植物オイル美容を推奨すると、みんなが思う「美容オイル=高い」のイメージがどうしても付きまといます。地方だと馴染みがないので、尚更。

    しかしお話していくと、使用量の「憶測」を間違えている事が殆どです。皆様、化粧水くらいの使用量をイメージしていらっしゃる。

     

    ボタニカルオイル

     

    実際、こんなに使用しません。必要ありません。

    必要なのは、1滴か2滴です。

     

    多くの美容オイルは30mlサイズ。それは3ヶ月程度で使いきれる量だからです。(化粧品としては、開封後3ヶ月以内が使いきる目標だから)

    ARIRIAお取り扱い中の中で、一番コスパが高い美容オイルは100mlで6820円。それを3ヶ月で割り、1日あたりを出すと、1日22円です。どうでしょうか?コスパ凄くないですか?

    1ヵ月682円なので、お弁当食べるよりも、カフェでランチするよりもリーズナブル!

     

    1日22円だけで簡単に肌力をあげる方法

     

    まず、100ml入りという事は、10カ月使用できると考えて頂ければよいと思います(化粧品としては、開封後3ヶ月以内が使用目標ですが、あえてそこは置いておきます)

    配合されているオイルが「酸化しにくいオイル」という事が、第一条件です。そうでなければ、使い切る前に酸化してしまうからですね。

     

     

    特徴【シンプルな配合×濃厚な濃度】

    ①ホホバオイルに枇杷の葉を浸たし、エキスを抽出する=枇杷の葉浸出オイル

    ②枇杷の葉浸出オイル50%×コメヌカブランオイル50%+精油という構成になっています。

     

    これによって

    ・50%エキスと濃厚なのに、使用コストが低い

    ・酸化しにくいので長く使え、肌に馴染み水分が蒸発するのを防ぐ

    ・オイルのエモリエント作用で、肌はふっくら柔らかくなる

    ・精油濃度も0.3%と低いので子供でも使える

     

    オイル美容の最大の魅力は「肌を柔らかく」すること

     

    肌が柔らかい事で起こることは

    ①ターンオーバーが正常に働くので、古い角質が剥がれ落ちる

    ②水分と油分のバランスが整う

     

    20代から、下降をしていく皮脂量。それにつれ、角質が剥がれ落ちず、固くなってしまったお肌を「角質肥厚」というのですが、そうなると高い化粧水を使用しても、浸透していきません。毎日シートパックしても浸透しにくいという、残念な結果になりがちです。

     

    いつものスキンケアに、オイルを数滴使用すると…

    ①肌が柔らかくなっていく

    ②化粧水もはいりやすくなる

    ③水分と油分のバランスがとれ、古い角質も剥がれ落ちる

    ④ターンオーバーが正常化した肌へ近づきトラブルが起きにくくなる

    ⑤トラブルが少ない肌=バリア機能が高い肌=肌力がある健康な肌

     

    健康な肌は、柔らかいのでシワもできにくいですし、紫外線の影響も減るのでシミも出きにくい「しっかりした土台」となります。

     

    こちら4種ありまして、肌のお悩みに合わせてお選び頂けます。是非、1日22円で、肌力アップにトライしてみてくださいね♪

     


    美容オイル一覧はコチラ>


    サロンで肌カウンセリングした後に、お選び頂く事も可能です(カウンセリング無料/予約制)

    ご予約 ・ ご予約確認

     

  • フェイシャルエステ2024.04.01

    ARIRIA

    項目

    1.美肌菌を育てる上で覚えたい3つの菌

    2.洗うアイテムはつけたもので決まる

    3.脱却方法

    4.美肌菌が増えると化粧品が減る

    5.美肌菌のご飯「良質な汗:水」

    6.美肌菌のご飯「良質な皮脂:オイル」

    7.自前の乳化力

    8.まとめ

     


     

    美肌菌を育てる上で覚えたい3つの菌

     

    常在菌

    👼表皮ブドウ球菌
    「美肌菌」を増やすには、ごはんとなる、汗<水分>・皮脂<油>が適量必要
    👿黄色ブドウ球菌
    皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して、皮膚炎などを引き起こす為、洗いすぎない事、バリア機能を落とさない事が重要
    🤡アクネ桿菌(日和見菌)
    多い方の味方をするので、美肌菌が多い方が、トラブルが起きにくい

     

    洗うアイテムはつけたもので決まる

     

    ①鉱物油や合成油剤での強い皮膜=合成界面活性剤でしか落ちない物が多い

    ②合成界面活性剤の強い洗浄によって、肌常在菌の死滅

    ③常在菌の死滅時間が伸びる=バリア機能の低下へと繋がる=トラブルが増える

    【point】強い皮膜となる物質塗布を軽減しないと、必然的に美肌菌を含む常在菌が減る

     

    強い皮膜の影響

    ◆強い皮膜がおこるものの例
    日焼け止め、下地、ファンデーション、毛穴埋めコスメ、合成ポリマー系美容液、合成ポリマー系クリームは、合成ポリマーが残りやすい。
    ◆強い皮膜が残留する事で
    ゴワゴワ肌、くすみ肌、毛穴づまり、硬く化粧水が入らない角質肥厚肌、排出が上手にできない肌
    ◆強いクレンジングを使う事で
    乾燥、美肌菌減少、バリア機能の低下、角質ケア(ピーリング等)を行いすぎて起こるビニール肌やインナードライ

     

    脱却方法

     

    🎖LEVEL1:クレンジングを変える

    通常のファンデーションも落ちる、「植物性合成界面活性剤」で作られたクレンジングに変更する。

    それによって、メイクは落ちますが、洗浄後に強いアルカリ性に偏りにくくなるので、悪玉菌が増えにくくなり、美肌菌が減少してから「復活」するまでの時間が早まります。

    🎖LEVEL2:強いポリマー&界面活性剤卒業

    合成ポリマー入りの日焼け止め/ファンデーション/美容液/乳液やクリームを卒業し、石鹸でもOFFできる植物系ポリマーや、植物性の界面活性剤や乳化剤使用の物(オーガニック・ナチュラルメイク)へ変更する。

    🎖LEVEL3:ファンデーション卒業

    そもそもの“原因”を塗らないという選択肢です。それによって、つける事でのデメリット、落とす際のデメリット「2つ」が減少されるので、必然的に美肌菌が育ちやすい肌環境へ。

     

    美肌菌が増えると化粧品が減る

     

    美肌菌の活動

    肌の潤いを保つグリセリン
    外的刺激に対応する皮脂膜
    丈夫な細胞を作る

     

    つまり、美肌菌が増えると「化粧品が減っていきます」自ら皮脂膜が作れるという事は、自分にとって最高の美容液やクリームを無料で自らの肌が作り出せるという事。

    美肌菌のご飯「良質な汗:水」

     

    美肌菌のご飯となるのは<水>と<油>、肌でいえば、汗と皮脂にあたります。

    美肌菌のご飯が良くなると、更に良質な美肌菌が増え、健康な細胞が生まれるので、良質な美容液であり、良質なクリームを自発的に作り出す肌に。すると、美肌菌貯金は溜まっていくのに、使用コスメは徐々に減るという、理想的なスキンケア=オーガニックスキンケアへ繋がっていきます。

    汗:水

    ◆良質な汗
    汗に含まれる抗菌ペプチドという成分が、悪玉菌の増殖を抑えます。そして皮脂と混ざりあい天然の皮脂膜となって、美容液やクリームの様に潤いのヴェールとなります。
    ◆汗をかきにくい
    ご飯となる「水」が少なく、美肌菌が育ちにくい。
    ・良質な水分(化粧水)で代用する
    ・汗をかけるように軽めの運動や、よもぎ蒸し等で工夫
    ◆ベタベタ汗
    良質な汗よりも抗菌ペプチドが少なく、雑菌が繁殖しやすく、悪玉菌が増えやすい
    ・食事の見直し
    ・更年期(女性ホルモン)対策
    ・弱酸性寄りの化粧水での代用
    ◆ホットフラッシュの汗
    大量の汗によって、皮脂膜が流れやすく落ちやすい
    ・更年期(女性ホルモン)対策
    ・良質な水分(化粧水)で代用する
    ・植物由来の水溶性保湿(ジェル)でカバーする

     

    水分が多い肌のメリット

    水分が多い為、紫外線を反射しやすい。弾力性によりシワになりにくい。弾力性によって、毛穴まわりがふっくらして毛穴が目立ちにくい。毛穴が伸縮する為、排出が上手くいく。水分が多い為乾燥しにくい。

     

    美肌菌のご飯「良質な皮脂:オイル」

     

    皮脂量は10代から増えていき、ピークは20~30代で、そこから下降していきます。

    若い頃は化粧水だけで間に合っていたけれども、今は化粧水だけではパサパサしてしまう…というのは皮脂量が関係してきます。では皮脂が減少する分を、どうサポートするのか?というと、美容オイルとして使用します。

    植物オイルは「脂肪酸」という、ビタミンや抗酸化成分のフィトケミカル等を含み、セラミドや、肌の保湿成分である皮脂の主要な成分である、脂質の原料として働きます。

    素肌が自ら「皮脂」を出せるようになるまで、「サポート」のために使用する、効果を狙って使用する等、様々な使い方が出来ます。

     

    私的分類


    ◆親和系オイル

    皮脂膜に含まれる成分に近く、肌親和性があるオイル。つまり、とても肌馴染みが良いオイルです。
    ・ホホバオイル、スクワランオイル
    ◆シールド系オイル
    ※(SPF4程度=1時間の紫外線カット)を持つとされるオイル
    ・アルガンオイル、マカデミアナッツオイル、キャロットシードオイル(精油ではなく種子油)、ラズベリーシードオイル
    ◆ヒーリング系オイル
    ※傷つき、乾燥した肌の回復サポートするとされるオイル
    ・アプリコットカーネルオイル、ヘンプオイル、タマヌオイル、カレンデュラオイル、カモミールオイル、ホップオイル、枇杷の葉オイル

     

    なぜ植物オイルでなければならないのか?

    それは「浸透」にあります。植物オイルは分子量が小さく、角質層に浸透する為、肌をふっくらとさせ、肌の水分を逃がしにくいという働きをします。

    化学合成から作られたオイル(ベビーオイル、ワセリン、ミネラルオイル等)は、肌の上にラップ状の皮膜になりますが、浸透はしません。あえて肌の上にのっていて、浸透しない事に意味があるもの。

     

    使用量はほんのちょっぴり

    美肌菌貯金に必要な、美肌金の良質なご飯「脂」

    植物オイルは年々減っていく皮脂の代わりとして、ほんの少量必要です。多ければ多い程良いわけではなく、ほんの数滴です。※1日の皮脂量の総量は1~2g(身体全体で)なので、あまり多くの量を必要とはしません。

     

    自前の乳化力

     

    汗と皮脂が混ざりあい、天然の皮脂膜となって、美容液やクリームの様になるような、そんな自前の乳化力があれば、乳化作業(乳液やクリーム)は必要ないかもしれません。しかし、汗が出にくい女性や、皮脂分泌量が減った方は、乳化が上手にできない事も。

    水と脂では分離する

    乳化できない肌状態で、水とオイルをいくら塗っても「分離」してしまいます。

    それによって<ベタベタ>したり<油浮き>がおこり、本当は乾燥しているのに、自分がオイリーだと思い込む方もおります。

    上手に乳化できない肌の場合は、乳化力を持つ「乳液」や「クリーム」を使用する事によって、水分と油分をまとめ、疑似的な皮脂膜を作る事ができます。

     

    疑似皮脂膜

    👉たっぷりの水分(化粧水)を角質層へ届ける
    👉植物オイルで肌に必要な脂肪酸を補給&減った皮脂の補給
    👉最後にエマルジョン(乳化)させて完了

     

    オススメは天然植物由来の乳化

    特に、大豆レシチン乳化の乳液やクリームをARIRIAでは推奨しています。

     

    <レシチンとは?>

    細胞の生体膜の主要な構成成分としてはたらいているリン脂質の一種。水になじみやすい脂質で、皮脂の水分を閉じ込める役割を持つ。

    ・セラミドに似た保湿作用、べたつかない、しっとりと柔らかな使用感、バリア機能を壊さない
    、ほかの美容成分の浸透性を高める

     

    まとめ

     

    強い洗浄をおこなわないことによって、常在菌(美肌菌)を保ちつつ、良質な水、良質なオイル、良質な乳化によって「天然の疑似皮脂膜」を作る事により、バリア機能を低下させにくく、美肌菌がそだちやすい、トラブルの少ない丈夫な皮脂膜をそだて、より良い素肌環境へとお客様を導く。

    これが、ARIRIAで提唱しているスキンケアであり、オススメしているセルフケア方法となります。

     

    まとめ

    水+油+乳化=疑似皮脂膜=バリア機能を守る=美肌菌が育つ=トラブルが起きにくい肌・丈夫な皮脂膜=より良い素肌環境へ

     


    ARIRIAでは、より良い素肌を目指す方に向けた、オーガニックフェイシャルエステを行っております。カウンセリングは肌分析機と、口頭での質問によるダブルカウンセリング方式を採用する事により、よりお客様の肌悩みに沿ったエステを行っております。

    カウンセリングのみでも、お伺い可能です(下記予約からご予約可能)


    ご予約 ・ ご予約確認

  • BLOGキャンペーンフェイシャルエステ2024.03.28

    紫外線対策キャンペーン

     

    春の紫外線対策キャンペーン

     

    春の陽光は柔らかで、新緑が生い茂り、花々が色とりどりの芳香を漂わせる季節ですね。

     

    そんな気持ちの良い季節を、素肌感覚でお過ごしいただきたく「春の紫外線対策キャンペーン」<4月3日~5月2日>開催致します♪

     

    SALE


    期間限定10%オフSALE

    ・サンケアスキンセラム
    ・サンケアボディセラム
    ・セクステットリーファオイル
    ・ボタニカルレメディホイップ(桑&蓬ホイップ)

    SALE会場はコチラ(4/3~5/2)>

     

    クーポン


    紫外線ケアメニューである、オーガニックフェイシャルエステ「光」が、クーポンご利用でお得にご利用頂けます。


    ・通常…500円OFFクーポン:クリックでLINEクーポンを受け取る>

    ・リピート様…通常よりもUPしたクーポンプレゼント

    ※リピート様とは、2023年度中(施術orお買い物)ご来店があった方を対象としております。来店時に非公開QRにて登録致しまして、その際にお得なクーポンをご利用頂けます。

     

     

    サンケアスキンセラム

     

    素肌感覚って?

    ・ベタベタしない

    ・ギシギシしない

    ・密閉感が無い

    ・カサカサしない

     

    春の美しい風景の裏の、忍び寄る危険…それは皆さまご存じの「紫外線」

    UV=肌に薄い防御の壁を張り巡らせ紫外線をカットし、お肌をサンバーン・サンタンから守るものですが、実際UV数値への勘違いは多いと思っていますので、お勉強がてらに記載していきますね。

     


     

    紫外線カット指数)SPF1=20分間

     

    まずは、この数値が表す「基準時間」を覚えてください。

    例)SPF1=20分間カットする事ができる

     

    では、どの位外に出て活動しているでしょうか?

    ・外で営業回り8時間=480分=SPF24

    ・外で家事(草むしり等)1時間=60分=SPF4

    外に出てお散歩する時間、子供と公園で遊ぶ時間、これがどの位かで、必要なSPF値が決まってきますので、外出時間に合わせて決める事をお勧めしております。

     

    jojoba

    植物油のSPF

     

    多くの植物油はSPF数値を持つことでも知られています。よく、油やけを心配される方がおりますが、植物油で油やけはしません。(油やけ…質の悪い精製度の低い鉱物油で昔おこっていた)

     

    SPF3~6前後

    … ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、マカデミアナッツオイル、シアバター、カメリアオイル、ヘンプシードオイル等

     

    SPF20以上

    …ラズベリーシードオイルはSPF28~50前後と言われますし、キャロットシードオイル(精油ではなく植物油)もSPF20前後とあります。

     

    ※UV検査機関によって、かなり差がでるので、28~50とかになってしまうのですね。

     

    2つ並べてみましょう

     

    ・SPF4=1時間

    ・植物油のSPF3~6前後

     

    SPF4

     

    1時間位の外なら、植物油で事足りてしまうという事に気が付きましたか?

    ・ちょっとした買い物

    ・犬の散歩

    ・ちょっとした草むしり

    ・日常の洗濯干し

    ・幼稚園や保育園のお迎え

     

    ギシギシせず、密閉感もなく、カサカサせずに、逆に潤いを保ちながら少しのUVカットをするという事は「簡単」という事に気が付いた事だと思います。

     

    落とす必要が無い=楽ちん=長く続けられる

     

    UVを塗ると、落とすのが大変だったり、面倒だったり…

    まして、自分だけなら良いのですが、子供に塗って落とす際「本当に落ちているのかな?」と、心配に思ったりも。

     

    そう考えると、不安を感じる必要が無い、紫外線対策&紫外線ケアって、日常の生活では「行いやすいく、簡単な方法」と思っていますし、バリア機能が落ちやすい年配の方にもオススメしやすいと思っています(UVカットどころか、塗って綺麗になっちゃいますよね)

     

    春の桜も楽しみな季節、気持ちよい「素肌感覚」のケアを試してみてくださいね♪

     


    <ご予約>はコチラ


     

    友だち追加

  • BLOGセラピストスクール2024.03.27

    バリニーズ

     

    オススメではない「手技売り」

     

    手技名を、バリニーズやロミロミの様に、メニュー名にして売る事を「手技売り」と言ったりしますが、生徒さんにはオススメしていない方法です。
     
     
    ◇ 理由はお客様への「訴求」が下がるからですね。つまり、手技の内容を知らないお客様には、ピンと来ないんですよ。
     
    ・バリニーズを知らない方には、なにそれ?
    ・ロミロミを知らない方には、なにそれ?
     
     
    つまり
    どんなことをして
    どうなるのかが
    お客様はわからないんです。
     
    頭の中で想像できないものは、反応率が下がります。
     
     
    ※ARIRIAが手技売りしている理由は、スクールを行っているからであって、スクールを行っていなければ、訴求力のあるネーミングに当然します。
     

    バリニーズ

     

     

    サロン存続を願うなら、危険な訴求はやめよう

     

    名前を考える前に「」にかかる訴求は、サロン存続にかかってくるので、良く考えてくださいね。
     
    特に、あはき法にかかる「マッサージ」「もみほぐし」という言葉はNGです。医療用語もNGです(国家資格が必要ですね)
     
    ・リンパマッサージ➡NG
    ・リンパトリートメント➡OK
     
     
    次に、1番!とかいう、根拠が明確ではない訴求も危険です。
     
    景品表示法にかかってきますので、ご注意ください。景品表示法は、化粧品を使用するエステではなく、リラクゼーションだけのサロンでもかかる法律なので、一度調べる事をおすすめしています。
     

     

    とても多いNG表現は、大変だけど調べよう

     

    どこもかしこも、書いているので「いいんじゃない?」と思えてしまう表現ですが、調べるとわかる表現はとても多いです。調べて、改善する努力は必要だと思っています。

     
     
    ■優良誤認になるので、この様なダイエットサロンはちょっと危ない。
     

    ・体験談として「10キロやせました」

    ・体験談として「1回で5キロやせました」
     
     
    ■リラクゼーションサロンで多い、以下の表現もNGなのですが、違反ばんばんみますよね。でも、サロン存続を願うならやめたほうがいい。
     
    ・睡眠不足解消➡NG
    ・冷え性改善➡NG
    ・生理痛改善➡NG
    ・血流改善➡NG
    ・肩こり改善➡NG
    ・頭痛改善➡NG
    ・ストレス改善➡NG
     
     
    ■エステサロンに多い、以下の様な魅力的なパワーワード訴求ですがNG。化粧品を使用するので、薬機法までかかってきますので、ダブル違法になりやすい。
     
    ・肌の奥深くに届く!細胞活性で、シワがみるみる消える!➡NG
    ・医療提携サロンの医療レベルの凄さ!瞬間若返りリフトアップエステ➡NG
    ・シワ消滅!翌朝マイナス5歳肌になるアンチエイジングエステ➡NG
     
    アンチエイジング=NG用語なので使用不可ですが、良く見ますよね。
     
     
     

    その上で、どんな名前のメニュー名が良いでしょう?

     
     
    ①その施術の魅力は?
    ②それを受けるとどうなるの?
     
    メリットではなく、ベネフィットを入れるという事が理想です。
     
     
    例)天使の羽トリートメント
      ➡背中の張りがとれ、羽ばたける様に軽くなるボディトリートメントを想像させる
     
     
    それをうけたら、どうなるのか?
     
    お客様が想像出来る事が理想的です!ぜひ、頑張ってメニュー名を考えてみてくださいね!
     
     

    ARIRIA「セラピストスクール」

     
    ・オーガニックフェイシャルエステ・ボディトリートメント・フットトリートメント
     
    <こんな方に>
    ・自宅サロンを始めたい方
    ・開業方法がわからない技術のみの経験者
    ・サロン開業したけれども運営設定が出来ない方
     

    セラピストスクールはコチラ>

ARIRIA

  • 〒971-8189
    福島県いわき市泉滝尻二丁目8番地3
    TEL:070-7545-4210
    営業時間:9:30-17:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    お支払い方法:現金、クレジットカード
    (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)
    PayPay、RPay、d払い、オンラインプリカ