×

Myself | エステサロン 完全個室 アロマ | ARIRIA

BLOG

  • BLOG2019.11.18

    Myseif №6の続き

    organic salon ARIRIA

    アレルギーの息子に行ったスキンケア

    まず、全てを辞めました。

    皮膚かで貰ったワセリン等も辞めました。

    ステロイドも辞めました。

    理由は、ワセリンを塗っても、今ある肌の水分では足りていなかったから。

    いくら蓋をしても、必要な水分が無かったから。

    そこで私が息子に始めたのは

    精製水+植物性グリセリン(0.5%)を作り、塗布、そして馬油。

    馬油はパッチテストでアレルギーが無い事を何度も確かめ

    万が一、舐めても害がないものとして選びました。

     

    小学生になってから、花粉症が出て目も腫れてしまう為

    庭でカモミールを無農薬で栽培しました。

    無農薬でも沢山育ちますが、アブラムシが沢山つきます。

    重層スプレーで対策をしました。

    栽培したカモミールを乾燥させ、ティンクチャ―にし

    冷やしてコットンに含ませ目元の鎮静を行いました。

    息子はブタクサ等のアレルギーがあるので、キク科のカモミールは心配だったのですが

    相性が良かったみたいで、これは何度も繰り返し行いました。

     

    お肌には、変わらず馬油(精製・アレルギーチェック済みのもの)を塗り

    息子はいつも、テカテカしていました。

    衣服はべたついて、酸化臭がしてしまうので頻繁に取り換えました。

    水分としては、精製水と植物性グリセリン(0.5%)の他に、フローラルウォーターも試しました。

    アレルギーに良い、ネトルウォーター、カモミールウォーター

    鎮静にラベンダーウォ―ターなども試しましたが、小学生の息子からは

    「くさい」「嫌だ」の連続でした。

    いくら冷蔵庫に入れているといっても、フローラルウォーターは腐敗しやすいのです。

    そして、防腐の為にエタノール等添加されているものが殆どでした。

    今も、高濃度のローズウォーターだけでしょうか。

    腐敗がしにくいものは。

     

    当時、国産のフローラルウォーターなど手に入らず、ネットで購入するものは

    空輸で入ってきたものを、どの位おいてあるかわからないショップから買うしかない。

    雑貨扱いのアロマ精油などは、適正な保存がされていない事が多くありました。

    そして、一番の問題は、そこまで手作りコスメや、オーガニックコスメが普及していない事があげられます。

    在庫のサイクルが遅かったのです。

     

    子供ながらに、市販のフローラルウォーターよりも、庭で育ったオーガニックのハーブで作った

    カモミールティンクチャ―の香りの方が、とても良い事がわかっていました。

     

    中学生になり、馬油はテカテカで嫌だという思春期ならではの悩みにより

    色々な植物性オイルでのパッチテストを行いました。

    最初に、アレルギーが起きにくいとされる、

    ホホバ、スクワラン

    この2つをテストしましたが、どちらも可能でした。

    ※やはり、アレルギー体質なので、精製のものを選びました。

    精製・・・不純物などを取り除き、安定化してある

    未精製・・・余分な成分操作をせずに、そのものの栄養価が豊富

     

    その他にも、スイートアーモンドオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル、

    ローズヒップオイル、カメリアオイル、アボカドオイル、ヘンプオイル等

    色々と買いそろえたオイルで、息子のパッチテストをしました。

    トフェコロールとして、ビタミンEオイル添加も試しました。

    ROEなどで保存も試しました。

    ほんと、夜な夜な実験だったのです。

     

    植物性オイルは、色々と息子に使える事がわかりました。

    そこで、季節に応じてブレンドをしていきました。

    しかし、アボカドオイルと、ニームオイルだけは

    テクスチャーと香りが息子には向いていませんでした。

    ※私もどちらも苦手…。

     

    私のアレルギー

    息子だけではなく、実は私も、アレルギー体質で、花粉症の数値は息子よりハイスコア(笑)

    スギが一番に反応し、ひのきの時期は喉が腫れます。

    春花粉、秋花粉、そして黄砂などにも反応します。

    顔だけではなく、花粉がついた身体や頭皮も湿疹が出来るので、酷い時もあります。

     

    先日の奉仕作業での草むしり時、

    秋に珍しく飛んでいた黄砂で被れ、湿疹が出来、現在ちょっとボロボロです…。

    15年ぶりに、ここまでボロボロな感じになり、少し凹んでいます。

     

    化粧品もアレルギーがあり、エタノールが強い物はすぐに被れます。

    紫外線アレルギーがあるので、夏も羽織りものを着ます。

    一番苦手な化粧品は、アイライナーで、一般的な市販のものは瞼がお岩さんに。

     

    お肌が弱い人にとっては、「これをつけたら治るかも」という期待と

    「これを塗って酷くなったらどうしよう」という

    2つのドキドキ感がありますよね。

     

    私、失敗、めちゃくちゃしています。

    いっぱい失敗して

    それでも、手作りコスメや、オーガニックコスメが「好きです」

    それだけの魅力があります。

    もっと進化していくと思うから。

     

    手作りコスメ、無添加コスメ、自然化粧品、オーガニックコスメ

    約20年、色々とジプシーをしましたが、手作りコスメで難しいのは、天然素材だけでの乳化です。

    絶対とは、ふつう書かないのですが、経験上、今のところ私の中では無理なのです。

    植物性の乳化ワックス(エマルシングファインワックス)などもありますが、

    ポリソルベートが入っているので、気にする人は大豆からのレシチンを使います。

    レシチンは安定化させるのが難しいので、人間の手での攪拌だけでは安定化は、無理です。

    判りやすい例を出すと

    手作りマヨネーズは、卵黄と酢と油を使います。

    卵黄に入っているレシチンで、酢(水分)と油を乳化させています。

    でも、自宅で作ったマヨネーズは長期間長持ちしない。

    工場でつくられた同じ材料のマヨネーズは長時間安定している。

    その位、違いが出ます。

     

    あなたは、合成の添加物をつかえば、どのくらい簡単に乳化できるか実験したことはありますか?

    植物性とうたっている、エマルシングファインワックスでも、かなりの速さで乳化します。

    通常の化粧品よりも合成物質が少ないですが

    「これが合成物質の力か」

    そう実感しますよ。是非お試しあれ!!

     

    Myseif №8へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    ※クレジットカード対応

  • ※泉駅裏より、徒歩4分
    ※無料駐車場あり。ご予約の方には詳しくご連絡いたします。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。