×

「雲の上はいつも晴れ」というブランド名に込めた想い | ARIRIA

BLOG

  • BLOG雲の上はいつも晴れ2022.04.06
     
     
    人よりだいぶ早く
    更年期も閉経も経験した私
     
     
    「雲の上はいつも晴れ」
     
    そんな私が
    更年期で辛かった時に欲しかったもの
     
    そして、女性ホルモン減少と共に
    沸々と湧き出てくる肌悩みに沿って
    開発しているブランドです。
     

     
     

    ~30代前半に訪れた更年期~

     

    ・気がつくといつもイライラ
    ・ご飯を一口食べるだけで吹き出す汗
    ・何をしても抜けない倦怠感
    ・些細な事で不安になりメソメソ
    ・階段を登っただけで目眩
    ・一日中続く手指のこわばり
    ・布団がぐっしょりする程の寝汗
    ・ハゲてしまうかと思うほどの抜け毛
    ・首まで広がる大人ニキビの炎症と痒み
     
     
    笑顔でニコニコ過ごしたかったのに
    ホルモン減少は私を変えた。
     
     
    どうにかしたくて
    婦人科も漢方薬局も通ったけれど
    自分の仕事であるコスメやアロマを
    思いつけない程
    心も身体もいっぱいいっぱいだった。
     
     
    30代前半で更年期を迎えてから
    50代までの20年間
    ピル服薬してくださいと言われた時は
    正直、心は受け付けなかった。
     
     
    20代からホルモン異常で
    何度も服薬していた事があり
    ホルモン剤付けの身体になるのが
    怖かったから。
     
     
    恐かったから
    とても長い間調べていたけれど
    田舎暮らしの地方では
    選べる療法すらなかったの。
     
     
    嫌なら
    選びとりたくないなら?
    どうしたらいいの?
     
     
     
    実際わたしは
    ホルモン療法が長かったことで
    胸にシコリが出来た。
    ホルモン療法の副作用。
     
     
    長きに渡るピル服薬宣告と
    胸のシコリでとの板挟みで
    更年期うつ状態だった私
     
     
    このまま服薬していたら
    そのうち悪性腫瘍になるのでは?
     
     
    不安に襲われるようになった。
     
     
    実際
    子宮での婦人科ではホルモン補充
    胸のシコリでの乳腺外来ではホルモン補充NG
     
    板挟みな内容で
    仕事と子育てをしながらの
    幾度もの通院はとてつもなく大変で
    見通しもつかない雲の中の様。
     
     
    胸のシコリは
    検査の結果良性のものだったけれども
    恐怖心だけは強く刻み込まれた。
     
     
    服薬が更に怖くなり
    ナチュラルな療法は無いの?と
    藁にもすがる思いで調べても
    国内ではナチュラルホルモンクリームすら
    売っていなかった。
     
     
    気休めでも良かったの。
    イライラしたら
    眠れなかったら
    不安だったら
    お守りみたいに塗るだけで。
     
     
    他人からは見えない
    辛すぎる、女性ホルモン減少との戦いに
    手を貸してくれる相棒が欲しかった。
     
    ずっと雲の中にいる様で終わりがみえない
    そんな中での相棒が欲しかった
     

     

    ~30代後半に訪れた閉経~

     
    閉経してからも
    女性ホルモンが減った事で
    肌や身体に出てくる色々な悩み。

     

     

    ・花粉が触れるだけで炎症
    ・あっという間に乾燥
    ・お肌の弾力低下やシワ
    ・下着の素材等でかゆみ
    ・皮脂量低下による艶低下
    ・血流低下による肌くすみ
     
     
    中でも私が一番感じたのは
    バリア機能の低下です。
     
    黄砂や花粉が付くだけで炎症してしまう程
    肌を守ってくれるはずの
    皮脂膜や角質層が
    上手に形成できなくなっていた。
     
     
    エストロゲンが減少する事で
    肌のコラーゲンが低下し
    弾力やハリが失われていき
     
    皮脂量の減少で皮脂膜や角質層が
    薄く敏感になっていった肌は
    刺激に敏感になり痒みや炎症を帯びる
     
     
     
    更年期で辛かったあの頃の私と
    閉経した今の私が欲しいものは
     
    婦人科に行くまでではないけれど
    今より少し良くなりたい
     
    そして
    にこやかに、穏やかに過ごしたい
     
     
     
    もやもやとした雲の中を抜けると
    青い晴れがある様に
     
     
    そう願って
    「雲の上はいつも晴れ」といいう
    ブランド名になりました
    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    111

ARIRIA

  • 〒971-8189
    福島県いわき市泉滝尻二丁目8番地3
    TEL:070-7545-4210
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    お支払い方法:現金、クレジットカード
    (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)
    PayPay、RPay、d払い、オンラインプリカ