×

Myself | エステサロン 完全個室 アロマ | ARIRIA

BLOG

  • BLOG2019.11.19

    Myseif №10の続き

    organic salon ARIRIA

    保養の人々

    3.11の後、「保養」という文化が生れます。

    沢山の保養に子供たちを連れていきました。

    北は北海道、南は台湾まで行きました。

    とある保養で、更に「養生」について学ぶ機会がありました。

    陰陽五行と、養生食。

    そして暦。手仕事、味噌、茜染。

    遊び疲れた子供達が飲むお茶には

    「麻炭パウダー」

    大人も子供も、みんなで

    「味噌をこねる作業」

    旧暦や地球歴という暦の知識。

    「マワリテメクル」という事。

    子供は川で遊び、大人はお勉強をしたり手仕事したり。

    布ナプも、使用している人が多かったので

    ヒラヒラと天日に干してあったり。

    そこは、私と同じような事が好きな人がいっぱいで

    沢山の仲間が出来ました。

    若年性更年期と早期閉経

    何度か書いてはいますが

    私は30代になって、若年性更年期というものになりました。

    身体に悪い食生活はしていなかったので

    なぜ?という疑問はあり

    一時期、沢山の友達と交流を控えていましたが

    これも、私の摂理なんだろうと受け止めました。

    若年性更年期になった事もあるので

    更年期での辛さも理解できました。

    早期閉経にて

    もう子供が産めない身体というものを知りました。

    女性ホルモンの治療には何が使われているのか

    その実態を身をもって体験しました。

    ホルモン剤の影響で何が起きるのか

    リスクは何か?知りました。

    全ては私の経験になって、知識になって。

    同じように悩んでいる方などに聞かれた時には答えられるように。

    私の糧となったらいいな。

    そう受け止めました。

    海外のお友達

    若年性更年期でセラピストという仕事が出来なかった時期

    私は、全く別の仕事をしていました。

    そこには、海外からの実習生。

    3年間で、4人の方と一緒に仕事をする事になり

    特に女の子達とは仲良くしていました。

    文化の違い

    言葉の違い

    それでもやっぱり女の子。

    ホームシックなのに家族には「元気だよ」といって

    辛くても笑顔なんです。

    自分の稼ぎの半分以上を仕送りし

    家族と親戚の家族まで支えていたり。

    とある国の子の話だと

    女の子は国でズボンを履けなくて

    短いスカートも履いてはいけない。

    髪の毛も長く伸ばさないといけない。

    女の子はお酒も飲んではダメ。

    もう、色々とダメな事が多すぎて驚きました。

    大学を6年通っても、国で働くと、日本円でいえば2万円にもならない事。

    大学を卒業しなければ、同じように大卒の人と結婚できない事。

    外国人のお金持ちが、その国で物を買う為だけに女の子と結婚する事。

    自宅の隣の女の子が、お金の為に家族に見送られ売春させられている事。

    勉強で進学しなければ、縫製の仕事か、夜の仕事位にしかつけない事。

    その進学も、とても狭き門という事。

    とにかく、女性の自由が無い事を知りました。

    遠い国の女の子の親になる

    ARIRIAのサロンに入ると、募金箱がおいてあります。

    サロンを貸していただいている家のオーナーさんは

    遠い国の女の子の親になりました。

    募金という形で、私も参加させて頂いております。

    Myseif №12へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    ※クレジットカード対応

  • ※泉駅裏より、徒歩4分
    ※無料駐車場あり。ご予約の方には詳しくご連絡いたします。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。