×

個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№9) | ARIRIA

BLOG

  • BLOGCottonHouse(コットンハウス福島校)化粧品開発について2021.10.25
    自分のコスメブランド
     
     

    まるで料理をするように

     
     
    庭の「イチゴノキ」の実が熟しました。今まで自宅にあったものの、あまり興味がわかなかったイチゴノキなのですが、熟した実を愛犬達が食べていたので、「これはどういった植物?」という疑問がわきました。
     

     

    イチゴの木といっても、あのイチゴでは無く、ツツジ科の植物になり樹木に育ちます。自宅のイチゴノキは5m程になっていて、毎年実を食べに鳥がたくさん訪れます。

    氷河期の依存種(現在も生育している高山植物のことを『氷河期の遺存種』と呼ぶそうです)と考えられ、比較的寒さにも強く、秋~冬にかけて実がなります。

    早速、ザクザク切ってみました。小さな種がいくつもあります。

    そして、食してみました。完熟しているものはプラムの薄味の様。種が舌に残ります。

    学名:Arbutus unedo(一回食べたらもう食べたいと思わない)という学名がつくのが良く分かりましたが、ジャムや果実酒にできるそうです。

    イチゴノキの若葉も摘み取りました。イチゴノキ葉エキスも一緒に作ろうと思います。

    この、秋~冬にかけて「実」と「花」が同時に楽しめます。花は白くかわいいお花です。

    フードドライヤーで40度以下にし、8時間かけてみましたが、まだ乾燥が足りません。あと数日繰り返します。葉は枯れない様に日陰の風通しの良い所で乾かします。

    何抽出にしよう!とワクワクしながら作業しているので、毎日が楽しい!!お料理をする様に作れるのが、なんとも楽しくて20歳からハマった「手作りコスメ」も、かなり本格的になってきましたね。

    ボランティアさんにお願いしたのです

     

    試作を色々していると「これでどうかしら?」と思うので、ボランティアさんを募り、ご意見を頂く機会を作りました。

    手作りしたものを、人に売ったり、人にあげたりはNGなので、あくまで「ご意見を頂くボランティア」という事で公式LINEにて募集しました。

    現在、ご意見待ちの状況ですが、たくさんの方が「ボランティア参加します!」と言ってくださり、心より感謝です!!

    計ったり、結構時間がかかります。でも、そのはかる作業さえ大好き。

    納得するまで、何度でも諦めないで挑戦していきたいと思います。いつも応援ありがとうございます!!

    関連記事

     

    >> 個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№1)

    >> 個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№2)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№3)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№4)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№5)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№6)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№7)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    4

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    お支払い方法:現金、クレジットカード
    (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)
    PayPay、RPay

  • ※泉駅裏(北口)より、徒歩3分
    ※店舗前に無料駐車場4台あり。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。