×

Myself | ARIRIA

「Myself」

「Myself」
  • BLOG2019.11.18

    Myself №3の続き

    organic salon ARIRIA

    極論からの脱出。

    オーガニック以外は毒という極論に陥った私は、1年ほどその状態になります。

    友達に誘われても、ランチにも行けない。手土産を貰っても食べられない。

    息子のアレルギーを知っている友人達は、ちゃんと「アレルギーを除いた物」を時間をかけてみて、選んで、それで持ってきてくれているのに、食べられない。

    極論では駄目なんだ。私は一人で生きているわけではなく、こういった友達の支えで生きているんだ。

    と気が付くまでに1年かかりました。

     

    陰性と陽性の罠。

    長男も大きくなり、以前よりも体調も良くなってきた頃、私は次男を出産しました。

    次男もアレルギーの疑いがあると感じた私は、早々に血液検査、乳製品と卵にアレルギーの可能性があるという事を知りました。

    長男より、次男のほうが小さく軽く産まれたので、長男の時よりも「二度と検診で虐待と見られたくない」という想いがあり、調べる事に執着をしていきます。

    そこで出会ったのは、マクロビオティックでした。

    今だからこそ、それがマクロビなのはわかるのですが、当時はマクロビなんて言葉ではなく、身土不二、滋養食、養生食、自然食でした。

    陰陽五行や、漢方、食物の陰性や陽性などが羅列してあるサイトは、とても魅力的で、私は罠にはまります。

    陰性=ダメ

    陽性=良い

    という、またしても極論になってしまったのです。

    陰性の、身体を冷やす食べ物は避ける、陽性の身体を温める食べ物だけ多く取る。

    間違ったマクロビの方法ですよね。見事に陽性だらけの私の食事は、玄米食、ごぼう、かぼちゃ、栗、ゴマ、塩、等になり、カチカチタイプになります。

    当時の私は、しなやかさに欠けていたと思います。

    しかしながら、着実と私の知識は筋トレの様に増えていくのでした。

     

    手作りコスメと出会う。

    石けん生活を続けているうちに、「ゆず化粧水のつくり方」というのを発見した私は、さっそく作ってみる事にしたのですが、エタノールに漬けて抽出する方法で考え込みます。

    エタノールで抽出する方法を「溶剤抽出」と呼びますが、一般の薬局で売っているエタノールが石油由来なこともあって、う~んと考え込んでしまったのです。

    結局石油由来が入ってしまうのね。

    何か別のもので出来ないだろうか?そう思った私は、「日本酒!」と思いつきます。

    出来上がったゆずのチンキに、精製水を加えたのが、私の手作りコスメの第1号でした。

    第1号のゆず化粧水は、安く、万年オーガニック貧乏だった私には、コレだ!!と思った訳ですが、そこで私は「かぶれ」を体験します。

    元々お酒に弱く、さほど飲めない私には、合わなかったのです。

    真っ赤になって腫れてしまったので、それを鎮めるのは何か?を調べ始まったのです。

    調べているうちに、自然化粧品というものがある事や、手作りコスメの材料が売っているネットショップ、そしてクレイの存在や、化粧品顔料のマイカなどを知ります。2003年頃の事でした。

     

    夜な夜な。

    無謀にも、ネットだけで調べた知識で、色々なものを作り始めます。

    夜な夜な、子供をねかしつけてからの作業の繰り返しです。

    精製水、フラワーウォーター、色々なチンキ(エキス)、ハーブ、キサンタンガムや植物性の乳化剤などを、あーでもない、こーでもないと毎晩やっていたのです。

    メイクアイテムも赤ちゃんに触れるので考えました。

    当時の一般的な手作りコスメだと、タルクをメインとするお粉が多かったのですが、タルクは発がん性がある事を知り、私は最初に作るお粉のベースに、絹雲母を選びました。

    セリサイトですね。

    シルクパウダーがある事は知っていましたが、とても手が出るお値段では無かった為、セリサイトになったのです。

    セリサイトに、酸化鉄(赤と黄を混ぜる)、そしてジップロックでムラが出ない様に混ぜる。

    何度も失敗したり、色が赤くなりすぎてしまったり。

    自分の色味になるまで夜な夜な繰り返しました。

     

    Myseif №5へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    Myself №2の続き

    organic salon ARIRIA

    布おむつへの挑戦その1。

    毎日パソコンで調べる事が日課となった私は、とある自然育児のホームページで、布おむつと出会います。

    育児だって死に物狂いな20歳の私にとって、手間が更にかかる「布おむつ」はハードルが低かったわけではありません。

    最初は、一般的なカバーと中敷きのタイプを使用しました。手ぬぐいをぬって作ったりもしました。

    そして、すぐ挫折しました。

    付け置き、洗う、干す。

    若い夫婦にはお金もなく、古いガス風呂が部屋にくる、狭い団地の1Fの部屋なので、湿気、カビ大量発生。

    「ああ、ハウスダストもダメなのに」と、私の1度目の布おむつ挑戦は、短い期間に幕を閉じます。

    布おむつへの挑戦その2。

    布おむつにして、少しでも皮膚のアレルギーをどうにかしてあげたい。

    眠らせてあげたい!!でも、布おむつダメだった…。

    でも、もっと良い物があるかもしれないと望みを捨てきれない私は更に調べます。

    調べるうちに、海外の布おむつ事情を知る事になりました。

    そこで出会ったのは、カバーも布地も一体型のPocket Diaper。

    初の個人輸入にドキドキしながら、届くのを待ちわびました。

    当時の画像などは紛失してしまったのでありませんが、とってもカラフルで、おむつを洗うのも気持ちが明るくなりました。

    おむつを洗う時のセスキソーダや、重層、クエン酸など、この時に知りました。

    たまに煮洗いをしたりも。石鹸洗濯なども、この時に十分に知識をえました。

    Pocket Diaperになってから、私の布おむつライフは、かなり楽になったのは間違いありません。

    紙おむつでは、おまたの所がただれてしまい、それを鎮めるために皮膚科で出されるのは、ステロイド。

    おまたの所の経皮吸収はとても高い事を調べて知っていたので、

    どうしても「布おむつ」にしたかった私には、海外のこういった製品は、神器でした。

     

    改善していく息子。

    私のベジタリアン生活と、石けん・布おむつライフの努力もあって、息子の状態は改善していきます。

    改善はするけれども、お誕生日ケーキも食べられない子供を見る歯がゆさ。

    それなのに、検診では幾度も疑われる虐待。ほんと、検診恐怖症でした。

    こんなに頑張っているのに、なぜ?他のお母さんは、医師診察のあとに、個別相談に行かされていないのに、私と息子は毎回、毎回個別相談にまわされて、虐待とみられるのはなぜ?息子の体重増加が悪いから?

    そこで、私は自分の固定概念を見直すことになります。ダメなものを省くだけではだめなんだ。必要な栄養素が足りないんだ。

    ベジタリアンになっただけでは駄目なんだ。

    パソコンで調べると、「ベジタリアンになると、タンパク質が落ちます。

    肉を食べないので、ガクンと落ちます。」その一言に、ああなるほど、やっぱりそうなんだ。と確信に変わっていきました。

     

    なぜか私の肌がキレイになってきた。

    息子には、タンパク質の問題はあるけれども、なぜか私の肌がキレイになってきたのです。

    ベジタリアンになってから、お肌がキレイになったのです。

    石けん生活になってから、私のお肌がキレイになってきたのです。

    もともと、そんなにも強いお肌ではなく、花粉症もアレルギーも、喘息もあった私は、息子より早く、自然の効果を実感していました。

    自分が一番に実感したからかもしれませんが、「これは、続けていて間違いない!!」とどんどん妄信していく事にもなったのです。

     

    妄信と、毒という固定概念。

    これでいいんだ!と思い込んだ私は、どんどんと、深みにはまっていきます。

    そこで表面化してくるのは

    「外食は毒」という気持ち。

    「毒は食べない」という気持ち。

    「毒は塗らない」という気持ち。

    そうなんです、全てオーガニック以外は「毒」と見えてしまう心理になりました。

    どんどんと視野は極論になっていくのです。

    極論になった私は、「許す」という心と「あいまい」という心が減っていました。

     

     

    Myseif №4へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    Myself №1の続き

    organic salon ARIRIA

    若い母親が、虐待を疑われることの悔しさ。

    赤ちゃんだった息子を抱き、あまりにも母乳を吐くので、血液検査を受ける事となります。

    母乳を飲んでも吐くの繰り返しだったので、息子の体重は標準よりはるかに軽く、20歳という若い母という事もあり、虐待という疑いの目で何度も見られました。

    母乳を飲ませているのか?飲ませているけれども、吐いてしまう事が多いと3カ月検診で話をしても「お母さん、次はあちらでゆっくりと話しましょうか?」と虐待の疑いをかけられた検診。

    なぜ、自分が生きる為には必要で、大切な息子を虐待しなければならないの?私が若いから?悔しくて泣きました。

     

    食物アレルギー

    疑いの目は怖いけれども、このままで、この子はちゃんと育つのだろうか?

    その不安の方が大きかった私は、息子を病院で血液検査を受けさせる事を選びます。

    検査の結果は「食物アレルギー」で、卵、肉、乳成分、ハウスダスト、ダニ、花粉等に疑いがある事でした。

    「お母さんが、これらの成分が入った物はとらないように」との事で、私の長いベジタリアン生活が始まります。

    普通のごはんだって、上手に作れなかった私が出来る事は、サラダを食べる事でした。

    取らないようにといっても、わからなかったのです。

    単純に、たまごを食べない、肉は食べない、牛乳やチーズは食べない。

    それだけでした。

     

    当時、アレルギー用というものは、田舎のスーパーでは売っていませんでした。

    例えば、アレルギー物質が入った食べ物を作る時に使用した機械で、別な物を作るとしても、反応が出てしまう時があります。

     

    私がベジタリアンになった訳。

    なぜ、除去しても出てきてしまうのだろう?という疑問を、パソコンにぶつけるしか有りませんでした。

    そして、表示成分を良く見る事。

    何を買うにも、裏を見る。

    表示を見る。

    何を使っているか見る。

    身体に入るものは、全部みる。

    みて、みて、みて、みて、疲れた。

    スーパーでアレルギー用の物が無い。

    表示を見るから買い物で2時間もかかる。

    でも息子の為。

    その為なら頑張る。

     

    そして、調べる。

    牛乳の代替えはないのか?豆乳ってあるんだ。

    お肉の代替えはないのか?大豆たんぱくがあるのか。

    そうやって、ベジタリアンに私はなっていきました。

     

    オーガニックは美味しい。

    ベジタリアンになった私は、美味しい野菜がわかるようになってきました。

    あれ、この人参すごくおいしい。どうして?そして調べる。

    オーガニックって?自然農法って?自然栽培って?なに?何それ?そして調べる。

    作られる土壌や、F1の種を使わない野菜の種や、除草剤を使わない野菜。

    へえ。なるほど。同じ種から作るにしても、こんなにも違いが出る物なのね。

    オーガニックってスゴイなぁ。

    ケーキもアイスも食べられなくなった私は、オーガニックや自然栽培の野菜のおいしさに心奪われました。

    天然の甘さ、天然のうまみ。

     

    心奪われた私は、オーガニック野菜の宅配サービスを頼む事にしました。

    そこで、自然放牧・低温殺菌での牛乳や、放し飼いの鶏が産む卵など、今は食べられないけれども、知る事となります。

    運動をし、葉をたべ、虫をたべ、そういった健康な動物や鳥は、健康なものを産みだす事。

    自然の素晴らしさと同時に、皮膚が不健康な子供で産んでしまい、自分をちょっと責めました。

    かゆくて寝れない息子に、何度ごめんね、ごめんね、といえど、ゼロの状態にはしてあげられないからです。

     

     

    Myself №3へ 

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    organic salon ARIRIA

    理由はいくつかありますが、ABOUTをABOUT MEと訂正しました。

    驚くことに、私は私を説明していなかったからです。

     

    私は19歳で妊娠、20歳で母となりました。

    家庭環境で、フラストレーションを抱えていた私が、本当の自分でいる為には、自分なりに必要な事でした。

    籠の鳥で育った私は、親からみれば「聞き分けの良い自分の事が出来る子」だったのかもしれません。

    しかし、怒られない為には、親を喜ばすには、どういった行動をして、どういった言葉を言ってあげれば喜ぶのか?が全てな、親の顔色を伺う単なる「良い子ちゃん」だったのです。

    そんな私は、自分の存在意義、アイデンティティの確立がうまくいかず、偽りの自分、偽りの言葉、偽りの笑顔。

    自分のドラマが描けないので、たくさん本を読み、映画を見て、物語の中の他人のドラマを覗き見る毎日。

    一日10冊の本と、夜中は1本の映画。それで他人の人生を自分の人生の様にして、生きている気持ちになりました。

    「私、このままでは、生きていられないかもしれない」という感覚、生きている実感を望む毎日。

    まだ未熟な自分が、独り立ち出来そうで出来ない年齢の時に、心よリ渇望した事は、自分を生かしてくれる存在。

    自分が生きる為に子供が欲しいと想い、その子供がいなければ今どうなっていたのか…とも思います。

     

    私の妊娠は家族にとって「奇跡」ではなく、「事件」でした。

    妊娠当時19歳。勿論、沢山の人たちに迷惑をかけた事で、喜ぶ人はおりません。

    当然理解などされません。

    早くに母となった私には、社会へのギャップが断崖絶壁の切り立った壁のように立ちはだかります。

    籠の鳥で育った私には、社会への適応能力がありませんでした。

    全くの無知でした。

     

    そんな無知の私のもとに産まれた息子は、食物アレルギーと、化学過敏症を持って産まれました。

    いくら母乳をあげても、吐いてしまう毎日。

    全身に広がる湿疹で眠れず、泣き続ける日々。

    身体をさっすってあげながら、座って壁にもたれこみながら寝る日々。

    「どうして、病院で言われた事を守っているのに、ダメなの?」という不安。

    そんな時に、赤ちゃん用の消毒(哺乳瓶等をつけて消毒するもの)の液が、私の洋服にはねました。

    洋服にはねた水滴の部分はあっという間に白くなり、

    漂白され「こんな物につけるの?」と、一般的に当たり前とされている物への懐疑心。

    それは、私の格闘の日々の始まりでした。

    消毒の水滴、その1滴から始まりました。

     

    当たり前、全てを疑え。

    当たり前と言われている、赤ちゃん用品のつけ置き消毒を、「煮沸消毒」へと変えました。

    趣味が検索と言えるほど、私は変わっていきます。

    それは2001年、まだパソコンもADSL回線が当たり前ではなく、ダイアルアップ回線だった頃のお話です。

    なけなしのお金をはたいて、パソコンを買い、ダイアルアップ回線でつなぎ、良くわからないパソコンを買いました。

    ピーピピ…ピュルーピュルルル…と回線が繋がるまで、今思えば笑っちゃうくらい回線が遅く、重く、画像表示など何分も待たないと出てこないパソコンで、私は調べ始めます。

     

    「赤ちゃん かゆい」とか「赤ちゃん 吐く」とか、色々なワードで調べました。

    無我夢中というのはあの時だったのかもしれません。

    今の様に、スマホに訪ねれば答えてくれるような、そんなものは有りませんでした。

    最初に出会ったのは、ひば油でした。

    まだ、アロマ精油という概念が私にはなかった頃です。

    「何なに?お風呂にこれを一滴いれてかき混ぜるとかゆみが収まる?アトピーにも良い?」

    藁をもすがる気持ちで、届いたひば油をお風呂に入れ、かき混ぜてまずは私が試しにと入りました。

    「おかしい、ピリピリする」そして、また疑います。

    情報は本当なのか?これでよいのか?

     

    今の私だったら、なぜだか判ります。

    ヒバのオイルがお湯の温度で温まり、皮膚に直接触れ、火傷の様な状態を引き起こしていたからです。

    水と油なので、そのままでは乳化されていないので、皮膚に直接触れるとこの様になります。

    いくらお湯に入れてかくはんしても、所詮、水と油なので、時間がたてば油は上に浮いてきます。

    当時の私はそんな事すら知りませんでした。

     

     

    Myself №2へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    ※クレジットカード対応

  • ※泉駅裏より、徒歩3分
    ※無料駐車場あり。ご予約の方には詳しくご連絡いたします。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。