×

Myself | ARIRIA

「Myself」

「Myself」
  • BLOG2019.11.19

    Myseif №8の続き

    organic salon ARIRIA

    布ナプキン

    布ナプキンとの出会いは、出産によって激変した私の身体が理由です。

    通常のナプキンがかゆくなり、かぶれを経験。

    かき壊して、痛くなり、治ってくると、また痒みの悪循環。

    石けん百貨さんで売っていた、メイドインアースさんで一番最初の布ナプを買いました。

    しかし、オーガニックの生成りの布地では、経血が流れて大変な事に…。

    諦めの悪い私は

    息子の布おむつで、個人輸入で便利なアイテムが買えるという事を体験しています。

    ( >>Myseif №3参照 )

    当時、見たこともないカラフルな布ナプキンとWEB上で遭遇。

    タータンチェックの柄に、私はずきゅーん!となりました。

    オーストラリア製の布ナプキンで、吸収帯とホルダーが一体化。

    オーガニック布地を使っていて、肌触りも良さそう。

     

    布ナプ

    E-Conceptionさんで出会ったWEMOONがきっかけで

    私の布ナプ生活が、その(生理の)生涯を終えるまで

    大活躍してくれました。

    実は、このWEMOONさんと、以前お取引をしており

    ARIRIAでも購入する事が出来ました(今は少しの在庫のみ販売しております)

    スリランカの女性達の仕事の支援、そして、衛生状況の向上に

    布ナプキンはとても貢献しています。

     

    手作りから市販まで

    早期閉経までの間、私は、ほとんどの布ナプキンを手に取る事となります。

    理由は、オタク気質な為です(笑)

    ネットフリマで手作りから、市販のものまで買いました。

    ホルダー型、一体型、どちらも使用して比較をしてきました。

    布ナプを作るワークショップも何度も開催しました。

    その中で、ARIRIAで取り扱ったのは、WEMOONさん、モミジナチュラルさんです。

    モミジナチュラルさんの、ふわっふわ感が好きな方もいれば

    WEMOONさんの、タータンチェックでないと嫌!という方も。

    このみは人によって違いますよ!!

    長年使ってきたなかで、私が一番好きなのは

    最初から最後まで、WEMOONさんでした。

    タータンチェックの柄が、経血をキャッチ。

    そして、経血汚れも目立たない。

    スリム型で、かさばらない。もこもこしない。

    乾きも早く、日本には中々無い柄(柄は日本人のオーナーさんがデザインしています)

    そして環境にも優しいんです。

     

    実に15年以上つかってみてどうだった?

    布ナプ歴が15年以上ある私にとって

    被れない、蒸れない、痒くならない

    洗う事も苦にならなかったので

    ずっと使い続けてこれたのかと思います。

    もちろん、経血カップや、無漂白のナプキンやタンポンも使った事あります。

    でも、なんていえばよいのでしょうか。

    少しの手間は、ハマる。

    そして愛着が沸く。

    そんな所でしょうか。

    ポンっと捨てられないのです。

    洗わなくてはいけません。

    (セスキソーダにつけ置き、軽くゆすぐ、ネットに入れて洗濯機)

    一番多いときで、50種類ほど持っていました。

    ※実際、そこまで必要ありません(笑)

     

    でも、そんな生活をしてきた為か

    息子達は、自然と「女性は血がでる」という事を知りました。

    使用したものは、蓋つきのホーローバケツに、入っているので

    幼児だった息子達に

    長男「ママお腹いたいの?」

    次男「あかね、だいじょうぶ?」

    と聞かれたりも。

    子供ながらに、血が出る=お腹いたい

    という構図が出来上がっていたのだと思います。

     

    早期閉経前の、経血の減少の時

    早期閉経前は、経血がほとんど無くなってくるので

    下着の様にフィットする布ナプキンよりも

    布ライナーを使用していました。

    布ライナーのほうが、布ナプキンよりも、始めやすいと思います。

    通常のライナーのように、ショーツにとめるだけです。

    それが、下着のまんまの様で快適。

    紙のライナーの様な違和感が無いのが特徴ですね。

     

    産後の悪露の時の布ナプキン

    産後の悪露の時にも、私は布ナプキンを使用していました。

    超特大サイズというものがあるのです。

    マキシサイズですね。

    ショーツの上に、マキシサイズの布ナプ、そしてその上に悪露用パッド。

    経験した方はわかるかと思うのですが

    ショーツに付ける、悪露用ナプキン(超特大)

    やぶけたり、ずれたり、もう大変な事に。

    次男の出産の時から、超特大サイズで悪露の時は快適になりました。

     

    一番みんなが使うサイズは?

    私が販売した中で一番売れたサイズというのは

    WEMOONのLサイズです。

    Mサイズだと思いきや、Lなのです。

    そして、一番売れたライナーは

    モミジナチュラルのライナーでした。

    かわいいんですよ、ほんと。

    ※現在は、取り扱いは在庫のみ(ライナー在庫無し)ですが、

    気になる方はライン等でお問合せ下さいね。

     

    Myseif №10へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.19

    Myseif №7の続き

    organic salon ARIRIA

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    >>2012年6月9日の過去記事より引用

    ※昔のHP、アメブロは全て早期更年期の時に削除してしまい、ありません。

    しかし、一部はFC2に転送かけておいたので、約1年分の記事は残っております。

    今読み返しても、私の基準になる考えは変わっていません。

    「害が考えられる物は使用しない」

    それだけです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    息子の乾燥性皮膚炎と4種の植物性オイル

    様々なアレルギーを持った息子でしたが、植物性オイルでのパッチテストは殆ど使用可能でした。

    2012年に使用したオイルは

    ◆タマヌオイル

    ◆アルガンオイル

    ◆ローズヒップオイル

    ◆バオバブオイル

    美肌オイルと呼ばれるものを4種ブレンド。

    乾燥性皮膚炎の息子(当時10歳位)に塗布して経過を観察しました。

    タマヌオイル

    緑色のオイルです。

    若干匂いがありますが、使用感の最後はさらっとしてますよ。

    抗酸化作用があるので、皮膚病や 帯状疱疹にも良いとされているそうです。

    しかし、まれに赤くなる方がいるらしいのでパッチテストを。

    アルガンオイル

    それだけで美容オイルとして使用する方も多いオイルでビタミンEが豊富です。

    酸化しにくいのも特徴です。

    さらっとしているのに、ふっくらな肌に仕上げてくれるオイルで大好きです。

    ローズヒップオイル

    これは昔有名になりましたので、ご存じの方も多いですよね。

    毛穴に効果的なのと、さらっとした感触でオイリー肌に喜ばれますが、酸化が早いのが難点。

    保存に気を付けたいオイルですが、皮膚再生にはかかせないオイル。

    バオバブオイル

    保湿力が高いので、妊娠線などにも効果的なオイル。

    ビタミンFが入っているのでアトピーに効果的なオイルです。

    抗酸化力も高いのが特徴。

    この4種に精油をブレンドしました。

    ネロリの精油でハリを出し
    パチュリとパルマローザの精油で皮膚再生
    ラベンダーアングスティフォリアで瘢痕ケア

    この様に2012年、息子にブレンドした植物性オイルを塗布しての経過の様子です。

    2012年6月11日…前日に、血がにじみ出ていた箇所の、血の滲みがとまりました。

    乾燥性皮膚炎

    塗布・経過2日後…血の滲んだ痕はかなり落ち着きました。

    乾燥性皮膚炎

    そして、3日後に、彼は学校の体育でハードルで転びました…。

    はい、オチがあるんです。

    もう、7年も経ちますが、今は以前よりも強い肌になりました。

    ここまで、ジクジクとした状態になりにくい肌になりました。

    それは、お肌の常在菌が強くなったからです。

    肌の常在菌を殺さない為にしてきたこと。

    なぜ、植物性オイルや、馬油、スクワランオイルなどでケアをしてきたのか。

    それは「肌の常在菌」にあります。

    ✅ 合成の石油由来のもの・・・お肌の常在菌を活動できなくしてしまう

    ✅ 植物性オイル・・・お肌の常在菌を活動させる

    アトピーや、乾燥性皮膚炎、化学物質過敏症の人こそ

    「肌の常在菌を殺傷するものを、当たり前の様に毎日使用しない事」

    ステロイドへの依存は、常在菌を殺してしまいます。

    ※あまりにも酷い時には、日数を決めて使用しました。

    お肌の常在菌の中に、美肌菌とよばれるものがあります。

    「表皮ブドウ球菌」

    美肌菌は、お肌の一番外側にある「角質層付近」にいます。

    汗や皮脂を餌にして、お肌に潤いを与えるグリセリンや脂肪酸を作り出します。

    逆に、アトピーを引き起こすと言われているのは「黄色ブドウ球菌」

    とびひもそうですね。

    黄色ブドウ球菌の活動を抑える

    そして「抗菌ペプチド」という物質(天然の抗生物質)を育てる

    ※表皮ブドウ球菌は抗菌ペプチドを分泌します。

    つまり、表皮ブドウ球菌を育てれば

    ●黄色ブドウ球菌と戦ってくれる

    ●肌を潤すグリセリンや脂肪酸を出してくれる

    この菌活に必用になってくるのは

    洗いすぎない事

    角質層に存在する美肌菌は、界面活性剤で流れてしまうので

    朝は水洗顔

    夜のお風呂で使用するものも、洗浄成分をよく確認しました。

    そして、保湿ケアの徹底。

    保湿ケアの徹底といっても、年頃の男の子がキチンとできるのか?

    できません(笑)

    眠ったのを見計らって、塗りにいきました。

    <その他行った事>

    ●食事は野菜中心(添加物を出来る限り取らない)

    ストイックはストレスを溜めてしまうので、外食は別としました。

    ●身体を冷やさない

    ●洗濯洗剤も中身を確認する

    ※洗剤を使用しないという、ランドリーリングなども使った事がありますが、効果は感じませんでした。

    ※雑菌を増やさない様に、きちんと洗い、すすぎはクエン酸がお勧めです。

    ※合成化学物質を使用していない、洗濯石鹸ベースのものを使用していました。

    ●基本、冬はホホバオイル、夏はスクワラン、時々色々な植物性オイル

    さらに蓋をしたい時は、シアバターを彼は使っていました。

    息子が産まれてから、毎日のようにしてきた事だったので

    私には、負担と思う事もなく、20年近く行ってきました。

    最初から全部やろう!と思うとストレスになる方もいると思います。

    私はもう、趣味のようなものですね。

    Myseif 9へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    Myseif №6の続き

    organic salon ARIRIA

    アレルギーの息子に行ったスキンケア

    まず、全てを辞めました。

    皮膚かで貰ったワセリン等も辞めました。

    ステロイドも辞めました。

    理由は、ワセリンを塗っても、今ある肌の水分では足りていなかったから。

    いくら蓋をしても、必要な水分が無かったから。

    そこで私が息子に始めたのは

    精製水+植物性グリセリン(0.5%)を作り、塗布、そして馬油。

    馬油はパッチテストでアレルギーが無い事を何度も確かめ

    万が一、舐めても害がないものとして選びました。

     

    小学生になってから、花粉症が出て目も腫れてしまう為

    庭でカモミールを無農薬で栽培しました。

    無農薬でも沢山育ちますが、アブラムシが沢山つきます。

    重層スプレーで対策をしました。

    栽培したカモミールを乾燥させ、ティンクチャ―にし

    冷やしてコットンに含ませ目元の鎮静を行いました。

    息子はブタクサ等のアレルギーがあるので、キク科のカモミールは心配だったのですが

    相性が良かったみたいで、これは何度も繰り返し行いました。

     

    お肌には、変わらず馬油(精製・アレルギーチェック済みのもの)を塗り

    息子はいつも、テカテカしていました。

    衣服はべたついて、酸化臭がしてしまうので頻繁に取り換えました。

    水分としては、精製水と植物性グリセリン(0.5%)の他に、フローラルウォーターも試しました。

    アレルギーに良い、ネトルウォーター、カモミールウォーター

    鎮静にラベンダーウォ―ターなども試しましたが、小学生の息子からは

    「くさい」「嫌だ」の連続でした。

    いくら冷蔵庫に入れているといっても、フローラルウォーターは腐敗しやすいのです。

    そして、防腐の為にエタノール等添加されているものが殆どでした。

    今も、高濃度のローズウォーターだけでしょうか。

    腐敗がしにくいものは。

     

    当時、国産のフローラルウォーターなど手に入らず、ネットで購入するものは

    空輸で入ってきたものを、どの位おいてあるかわからないショップから買うしかない。

    雑貨扱いのアロマ精油などは、適正な保存がされていない事が多くありました。

    そして、一番の問題は、そこまで手作りコスメや、オーガニックコスメが普及していない事があげられます。

    在庫のサイクルが遅かったのです。

     

    子供ながらに、市販のフローラルウォーターよりも、庭で育ったオーガニックのハーブで作った

    カモミールティンクチャ―の香りの方が、とても良い事がわかっていました。

     

    中学生になり、馬油はテカテカで嫌だという思春期ならではの悩みにより

    色々な植物性オイルでのパッチテストを行いました。

    最初に、アレルギーが起きにくいとされる、

    ホホバ、スクワラン

    この2つをテストしましたが、どちらも可能でした。

    ※やはり、アレルギー体質なので、精製のものを選びました。

    精製・・・不純物などを取り除き、安定化してある

    未精製・・・余分な成分操作をせずに、そのものの栄養価が豊富

     

    その他にも、スイートアーモンドオイル、マカデミアナッツオイル、アルガンオイル、

    ローズヒップオイル、カメリアオイル、アボカドオイル、ヘンプオイル等

    色々と買いそろえたオイルで、息子のパッチテストをしました。

    トフェコロールとして、ビタミンEオイル添加も試しました。

    ROEなどで保存も試しました。

    ほんと、夜な夜な実験だったのです。

     

    植物性オイルは、色々と息子に使える事がわかりました。

    そこで、季節に応じてブレンドをしていきました。

    しかし、アボカドオイルと、ニームオイルだけは

    テクスチャーと香りが息子には向いていませんでした。

    ※私もどちらも苦手…。

     

    私のアレルギー

    息子だけではなく、実は私も、アレルギー体質で、花粉症の数値は息子よりハイスコア(笑)

    スギが一番に反応し、ひのきの時期は喉が腫れます。

    春花粉、秋花粉、そして黄砂などにも反応します。

    顔だけではなく、花粉がついた身体や頭皮も湿疹が出来るので、酷い時もあります。

     

    先日の奉仕作業での草むしり時、

    秋に珍しく飛んでいた黄砂で被れ、湿疹が出来、現在ちょっとボロボロです…。

    15年ぶりに、ここまでボロボロな感じになり、少し凹んでいます。

     

    化粧品もアレルギーがあり、エタノールが強い物はすぐに被れます。

    紫外線アレルギーがあるので、夏も羽織りものを着ます。

    一番苦手な化粧品は、アイライナーで、一般的な市販のものは瞼がお岩さんに。

     

    お肌が弱い人にとっては、「これをつけたら治るかも」という期待と

    「これを塗って酷くなったらどうしよう」という

    2つのドキドキ感がありますよね。

     

    私、失敗、めちゃくちゃしています。

    いっぱい失敗して

    それでも、手作りコスメや、オーガニックコスメが「好きです」

    それだけの魅力があります。

    もっと進化していくと思うから。

     

    手作りコスメ、無添加コスメ、自然化粧品、オーガニックコスメ

    約20年、色々とジプシーをしましたが、手作りコスメで難しいのは、天然素材だけでの乳化です。

    絶対とは、ふつう書かないのですが、経験上、今のところ私の中では無理なのです。

    植物性の乳化ワックス(エマルシングファインワックス)などもありますが、

    ポリソルベートが入っているので、気にする人は大豆からのレシチンを使います。

    レシチンは安定化させるのが難しいので、人間の手での攪拌だけでは安定化は、無理です。

    判りやすい例を出すと

    手作りマヨネーズは、卵黄と酢と油を使います。

    卵黄に入っているレシチンで、酢(水分)と油を乳化させています。

    でも、自宅で作ったマヨネーズは長期間長持ちしない。

    工場でつくられた同じ材料のマヨネーズは長時間安定している。

    その位、違いが出ます。

     

    あなたは、合成の添加物をつかえば、どのくらい簡単に乳化できるか実験したことはありますか?

    植物性とうたっている、エマルシングファインワックスでも、かなりの速さで乳化します。

    通常の化粧品よりも合成物質が少ないですが

    「これが合成物質の力か」

    そう実感しますよ。是非お試しあれ!!

     

    Myseif №8へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    Myseif №5の続き

    organic salon ARIRIA

    食物アレルギーからのアレルギーマーチ。

    結論で言えば、息子にはアレルギーマ―チが起こりました。

    (赤ちゃん)ベジタリアンの母乳

    (8カ月)除去食の離乳食

    (1歳~)除去食の普通食

    そう切り替えてきました。

    除去食の普通食といっても、耳かきちょっとの量から始めます。

    やろうと思った理由は、後に起こり得るだろう

    「保育園や学校で一人だけお弁当」という孤独や、食べた事の無い物を食べる事への不安解消の為です。

    最初は卵まるごと1つではなく、魚卵からはじめて、1g、そして観察。

    2gにして観察。3gにして観察。その繰り返しです。

    魚卵が大丈夫だとわかったら、鶏卵。

    卵黄から1g、そして観察。

    全卵黄が大丈夫なら、卵白1g、そして観察。

    気の遠くなる記録や作業です。

    どれほど息子を観察した事でしょう。

    3人の子供がいる中で、長男を見ている時間がとても多かったです。

     

    【次々と起きるアレルギーマーチ】

    ゴムアレルギー

    <保育園から>

    風船をふくらました息子の唇が、たらこの様に腫れあがりました。

    風船のゴム、そして風船のゴムに付着しているホコリが原因です。

    後に、調理実習で行うゴム手袋でもアレルギーが出ました。

     

    花粉症

    <小学生から>

    花粉症の季節が一番酷いですが、1年中起こります。

    杉、ひのき、ブタクサ、イネ等の植物、ほぼ全般に反応します。

    血液検査での数値も高く、予防の服薬をしなければ、顔が腫れあがり、熱が出ます。

    花粉が皮膚につくと、アレルギー反応でかゆみ、湿疹が出ます。

    免疫力が落ちている時は気管支に入り喘息の様な発作が起こります。

     

    喘息

    <小学生から>

    花粉が原因なのか、小児喘息なのかが小学生の時は定かでは無かったのですが、

    正月の初詣の時に、酸欠(数値92まで落ちました)で倒れます。

    立てなくなり、救急病院にて「高山病の様な状態」になっていた事が判明。

    ずっと酸素濃度が足りていないのにも関わらず、本人が息をしにくい事に気が付かないまま数年過ぎていました。

    しばらく入院をしました。

    退院後は肺活量を上げる為のトレーニング、呼吸器系の検査が何年も続きました。

    当時170センチ以上あった彼の身体に、小学生位の肺活量しか有りませんでした。

     

    口腔アレルギー

    <中学生から>

    突如息子の顔が腫れて熱が…。

    口の中もかゆい、喉もかゆい、息も苦しい。

    食物アレルギーだし、除去も気を付けてはいたつもり…。

    なぜ?どうして?私の頭はいっぱいいっぱいになりました。

    結果は口腔アレルギー。

    口腔アレルギーで喉の内部が腫れ、呼吸が苦しくなるという症状です。

    キウイやもも、マンゴー、非加熱のトマト、キュウリで反応します。

    血液検査でも出てきません。体調によって、生の魚でも出ます。

     

    寒冷蕁麻疹

    <中学生から>

    温度差で蕁麻疹が全身にでます。追い炊きしたお風呂でも反応します。

    寒い所から暖かい所にはいると蕁麻疹。

    その逆もあります。一回蕁麻疹がでると、身体を冷やします。

    寒くても、冷やします。

    体温が高い状態でお布団に入り、体温上昇をすると蕁麻疹で眠れなくなります。

     

    汗のアレルギー(金属アレルギー)と多汗症

    <中学生から>

    汗をかくと、汗の成分によってアレルギーになり、汗かぶれ、湿疹、かゆみが起きるのですが、彼は多汗症というものを持ち合わせていて、自分から出る大量の汗で被れます。

    手術をしてもリスクがとても大きく、手術はしませんでした。

     

    免疫システム・自律神経がうまくいっていない事

    息子は部分てんかんでした(小学生の時に合う薬がみつかり、中学生で完治)

    保育園のお昼寝の時(ねむりに落ちる時の脳の信号で、てんかんになる子でした)

    口から泡を吹きました。

    意識もありませんでした。

    何度も救急車に乗りました。

    何度も職場から救命救急センターに車を飛ばしました。

    何度も自分の子供が死んでしまうかもしれない。という恐怖に足がすくみました。

    何度も、何度も、自分を責めました。

    しかし、何度も、何度も、何度も、生きていてくれて救われました。

    沢山のアレルギー症状で苦しませ、てんかんで苦しませ、大量の薬を飲まないとならない長年の日々に

    「なんで兄弟で俺だけなの?俺だけ苦しいの?」とよく言われました。

    ごめんねという言葉を何度も言いました。

    子供が寝りにはいって、寝息をたてるまで、不安で眠れない毎日を過ごしました。

    眠れない毎日を、彼が普通に生活できるように、たくさん、勉強をしました。

    アレルギーでお友達と同じお菓子が食べられない事、お誕生日ケーキが食べられない事。

    「ぼくも食べたい」「ぼくも、あそびたい」

    叶えてあげたい心と、ごめんなさいという心。

    きっと、私のように、子供の事で胸を痛めているお母さんが沢山いる事だと思います。

    アレルギーマーチが起きやすいので、自然療法等は一喜一憂かもしれません。

    しかし、知っていると知らないでは、大きく変わってきます。

     

    Myseif №7へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • BLOG2019.11.18

    Myself №4の続き

    organic salon ARIRIA

    手作りコスメもパソコンも得意になってくる。

    毎日夜な夜な、何かしらを作っていた私は、ブログをはじめます。

    今のように、書けば反映されて、段落もキチンと改行されるようなものではなく、HTMLを使ってホームページの様に枠組みをし、文章はタグをつけなければキレイに見えないものです。

    判らない事は、調べる、調べてもわからない時は、2ちゃんねるや、msnチャットで聞きまくる。

    私のパソコンスキルは、HTMLの本1冊と、msnチャットで得ました。

    試行錯誤の手作りコスメのレシピをブログに投稿し続ける毎日。

    自分の肌で実験して、良かったものを息子に試していくという事の繰り返しでした。

    当時仲良くして頂いた、ネットでの手作りコスメ仲間の方は、美容ジャーナリストになっていて、最近驚きました。

    あのまま続けていけばよかったかな?笑

     

    アロマを知りたい。

    手作りコスメはハーブについてが多く、ハーブから水溶性成分を抽出したり、インフューズドオイル(浸出油)だったり。

    でも、精油ってどんなもの?

    そんな私は、一大決心します。

    アロマの資格の勉強をしよう。

    勉強するなら、メディカルアロマにしよう。

    そこで40種類の精油と6種類のフラワーウォーター、いくつもの植物性オイルと出会いました。

    耳馴染みのない、アロマ精油や、オイルに胸が躍りました。

    アロマの勉強は、胸が躍った反面、成分分析表や、精油の作用を覚えるのに苦労しました。

     

    英国式リフレクソロジーを学ぶ。

    アロマの資格を取得後、私の中では、手作りコスメで精油を使うよりも、もっと楽しみな事が出来ました。

    英国式リフレクソロジーです。

    アロマの先生がリフレクソロジーも教室を開いていたので、そちらも申し込みました。

    今考えると結構なお値段だったのですが、教室を見つけるのにも一苦労な時代。

    そのまま申し込んだのですが、そこで教えて頂けたのは、15分しか出来ないリフレクソロジー。笑

    もしかして、ちょっと子育てしながらでも、お仕事になるかも!と思っていた私は、その15分という短さにがっかり感がぬぐえませんでした。まだまだ、私も青かったんですね。

     

    エステの世界にぴょんと飛ぶ。

    リフレクソロジーの資格でがっかりした私は、また懲りずに、次の目標を決めます。

    エステティシャンになれば、色々と成分なども教えてもらえるかもしれない!!もっと知りたい!

    でも、そんなに甘くはありません。

    エステティシャンの立ち振る舞いや、サロンワーク、技術などへの不満はなかったのですが、どうしても慣れなかった事が一つだけあります。

    「成分について聞いても、誰も知らない」という事。

    クレイパックに使っているクレイは、どのクレイで、どこ産のものを使っていて、どのくらいの強さなのか?という質問をしても、知らないという事。

    カオリンベースなのか、ファンゴベースなのか、その位は皆が知っているものだとばかり思っていた私は、実は、私がマニアックになっていた事に、そこで気が付いたのです。

     

    知らない事をお客様に説明が出来ない。

    そして、もっと重要な事は「自分が使えない、荒れてしまったコスメで、お客様をエステする罪悪感」でした。

    罪悪感が出たまま、販売するのも気が引けて出来ませんでした。

     

    タイ式足つぼと出会った。

    少して、私は何個も掛け持ちしていたバイト先の親族の方に、タイ人のセラピストさんがいる事を知ります。

    是非お願いしたいと、タイ古式マッサージを受けたり、足つぼを受けたり。

    そして自分も英国式リフレクソロジーは学んだのだけども、15分の施術ではどうしようもないという理由を話し、いよいよ教わる事になりました。

    タイ式は、棒を使うスタイルと、手のスタイルを教わりました。

    英国式リフレクソロジーで、足裏ってきもちい~!というイメージしかなかった私に、棒はグイグイ食い込み、涙目。

    でも辞められないすっきり感。

    痛いもちいい。

    涙目になったものの、癖になっていました。

     

     

    Myseif №6へ

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry

ARIRIA

  • 〒971-8172
    福島県いわき市泉玉露3丁目16-16
    TEL:070-7545-4210
    ※施術中・営業時間外はお電話に出ることは出来ません。
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    ※クレジットカード対応

  • ※泉駅裏より、徒歩3分
    ※無料駐車場あり。ご予約の方には詳しくご連絡いたします。
    ※ご予約のお時間に遅れる場合は、
    トリートメント時間が短くなる場合もありますので、ご注意下さい。