×

| ARIRIA

ハイビスカス

観賞用のハイビスカスとは異なり、ローゼル(Roselle)がハーブティや化粧品には使用されます。

アオイ科なので、花弁は粘液質を持ち、とろみがでます。(ブルーマロウやトロロオクラの花の様になる)

有機酸:クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸
ビタミン:アスコルビン酸
フラボノイド:ハイビスシン

ヒスタミン遊離抑制作用を持ち、ハイビスカス花エキス(50%エタノール抽出)にUVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用が認められています。

選択に一致する商品が見つかりませんでした。