×

ARIRIAのブログやお知らせを更新中!

BLOG

BLOG
ブログ

  • BLOG2022.05.14
     
     
     
    41歳になりました
     
    41歳になっても
    知りたいという欲だけは
    落ちません
     

     

    ~いくつになっても~

     
     
    20代でシングルマザーになった時
    思ったんです。
     
    自分で経験した体験程
    貴重なものはないって。
     
    楽しい事も辛い事も
    たくさん沢山経験しよう。
     
     
    そして3.11を経験した時
    更に思ったんです。
     
    やりたい事を
    諦めてたまるもんかって。
     
     
    「あの時に比べれば!」
    そう思える事って沢山あります。
     
    食べるものもあるし
    飲み水だってある
    ガソリンだってあるし
    経済だって止まってはいない
     
     
    ならば
    諦めなければ
    出来ることって沢山あるはず。
     
    40歳からはじめた化粧品開発も
    41歳になっても前向きで
    更に楽しい。
     
     
    999回失敗しても
    1回成功すればいい。
     
     
    諦めなければ上手になる。
     
    最初から諦めて
    投げ出してしまう事の方が
    勿体ない。
     
     
     
     
    最初から完璧なんてありえない。
    失敗することを恐れない。
     
     
    それは母親という立場だって
    そうでしょう?
     
    最初から完璧なお母さんなんていないし
    最初から完璧なごはんだって作れない
     
     
    セラピストも同じで
    最初から完璧なセラピストもいない
     
    毎回毎回を糧に
    毎回毎回諦めず
    続けるコツは成功だけを見ないこと。
     
    そして何を成功とするのかの
    価値観の持ち方。
     
     
     
    先日、娘に言われた一言
     
    「ママはどっちか選ぶとき
    辛い方を選ぶよね」
     
     
    私の価値観は
    辛い事と楽しい事
    どちらも味わう事こそ
    人生だと思っている。
     
     
    最終的に±0を目標にしている。
    +だったら、ラッキー!位に思ってる。
     
     
     
    辛い事もなく
    何でもすぐ上手くいってしまっては
    面白みがないじゃない?
     
    努力したからこそ
    噛みしめられる
    喜びがあるわけじゃない?
     
    だから努力したい
    喜びの為に。
     
     
     
    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    141
  • BLOG雲の上はいつも晴れ2022.05.13
    「雲の上はいつも晴れ」
     
    私自身が更年期で
    辛かった時に欲しかった物
    そして、女性ホルモン減少と共に
    沸々と湧き出てくる肌悩みに沿って
    開発しているブランドです。
     
     

    キャリーオーバー成分とは?


     

     

     

    ー表記義務の無い成分

     

    キャリーオーバー成分とは
    化粧品製造時
    エキスを抽出する際に使用したり
    原料を安定させる目的等で
    配合されている
    極少量しか含まれていない成分
    (アルコール、酸化防止剤、防腐剤など)
     
    その効果が発揮される量より
    少ない量しか含まないもの
    とされており
    表記義務はありません。
     
    また、原材料の栽培過程や
    製造工程においても
    残留の可能性がある成分等も
    キャリーオーバー成分となり
    表記義務はありません。
     
     
    ※原料・成分の品質を
    保持するために使われ
    製品になった時には
    その役割を果たせないほど
    希釈された成分の為
     
     
     
    どこまで表示するかは
    作る側によって変わり
    キャリーオーバー成分の表示の
    あり無しがわかれます。

     

     

     

    ~例~

     
    農薬を使ったお米の糠
    化学薬品で抽出
    絞る
    コメヌカオイル
     
    農薬の残留と化学薬品の残留が
    考えられるオイル
     
     
    しかし、キャリーオーバー成分は
    表記しなくても良い。
     
    これをどう捉えるかによります
     

     


     

    雲の上はいつも晴れでは

    キャリーオーバー成分を

    表示しております

     
     
    ◆抽出溶媒
    ・水(精製水)
    ・有機植物発酵エタノール ※1
    ・(COSMOS認証)植物性油 ※2
    ・オーガニックグリセリン ※3
     
     
    ※1.有機植物発酵エタノール
     
    有機栽培で作られた
    小麦や米、てん菜糖等を糖化させ
    発酵液をつくり
    それを濾過、水蒸気蒸留する事によって
    99.5vol%濃度以上の純度の高い
    植物性発酵エタノールを使用しております。
     
     
    ※2. コスモス認証(COSMOS認証)
    オーガニックコスメの品質を認証する
    国際的認証を取得した植物油を
    使用しております。
     
     
    ※3.オーガニックグリセリン
    オーガニック植物油脂を原料とした
    天然グリセリンを使用しております。
     
     

     

    ~ その他の見える化 ~

     
     
    ◆製造工場
    ORGANIC MOTHER HOUSE
     
     
     
     
    ◆使用原材料
    できる限り国産の
    ・有機栽培
    ・自然栽培
     
     
     
    ◆使用容器
    無公害溶解炉と呼ばれる
    電気炉を採用したCO2排出が
    少ない工場で作られる
     
     
    ◆試作後の残渣
    和紙に漉き込み
    アップサイクル
    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    121
  • BLOG雲の上はいつも晴れ2022.05.12
     
     
    「雲の上はいつも晴れ」
     
    私自身が更年期で
    辛かった時に欲しかった物
    そして、女性ホルモン減少と共に
    沸々と湧き出てくる肌悩みに沿って
    開発しているブランドです。
     

     

    ~植物調合美容研究所~

     

    通称 宮崎LABO
    ずっと行きたかった
    憧れの場所
     
     
    福島から、遠く離れた
    宮崎の地へ行ってきました。
     
     
     
     
     
    成田空港から宮崎までの
    直行便も出ていますが
    混雑を避け
    茨城空港から神戸空港へ
    神戸港からフェリーに乗り宮崎港へ
     
     
     
     
    初めての船旅は
    感染対策を考えてツイン部屋
    撮影係の娘と一緒です。
     
     
     
     
     
     
    新船になったばかりの
    神戸と宮崎を繋ぐ
    フェリーに揺られ13時間。
     
     
    展望デッキから見える
    神戸の夕暮れからの夜景は
    とてもキラキラしていて
    翌日のLABO訪問を
    期待させてくれます。
     

     

    ~ORGANIC MOTHER HOUSE~

     
     
    一歩足を踏み入れたら
    溢れ出してくる天然の良い香り
     

     
    いたる所に植物があり
    どこもかしこも
    絵になる綺麗なLABO
     
     
     
     
     
    たくさんのエキスが並び
    化粧品になるのを待っています。
     
     
     
     
    無農薬が難しい
    貴重なイチゴのエキス等も
     
     
     
     
    階段上の吹き抜けには
    エキスになる前の植物を自然乾燥
     
     
     
     
    まことさんが描いた
    MOTHER EARTH マークも
    ちゃんとありました
     
     
     
     
    どこもかしこも
    素敵な空間で
    この空間で調合できると思うと
    心が躍ります
     
     

     

    ~試作&アドバイス~

     

    溜息がこぼれそうな程の
    素敵な香りと空間ですが
    最大の目的はLABOでの試作です。
     
     
     

     

    同じく商品開発をしている
    参加者、全員真剣
     
     
    これはどうすれば?という事も
    まことさんに質問出来るので
    安心して取り組めます。
    同じ目標を持った人達との会話は
    とっても楽しく有意義な時間。
     
    くしゃくしゃになって
    笑いました。
     
     
    そして
    ひたすら…
     
    ただひたすらに調合。
     
    どんどん笑顔は消えて
    息をするのも忘れてしまう…
     
    0.01%単位で計る為
    ついつい
    息も止めてしまいます
     
    ※空気の流れや風による
    計量値のバラツキが出る為
     
     
     
     
    何度も何度も試作し
    5時間以上の調合も
    あっという間…
     
    集中って爽快です!
     

     

     

     
    2022年夏~秋発売予定の
    バリア機能サポート美容液
     
     
     
     
    2023年に向けて
    試作しているオイル
     
    特徴ある香りの
    浸出オイルを活かしたいので
    どう生かすかが難題です。
    試作を終えた後
    まことさんと
     
     
    一生懸命、調合していたので
    私が唯一メイクする
    眉毛も落ちて
    すっぴんに…
     
    撮られる事も勉強ですね。
     
    試作を終えた参加者全員
     
    調合した試作コスメを
    「どうかな?」と聞きあえる。
     
    実際
    色々なコスメに触れている
    セラピストさんもいるので
    試作の段階で意見を聞ける
     
    そんな試作会は唯一無二
     

     

    ~管理する人までも見える~

     
    宮崎LABOの所長さんは
    女性です。
     
    今回の調合会でも
    お世話になりました。
     
    作り出されたエキス
    作り出されたコスメ
    それを管理する人まで
    見える工場
     
    大切に作り出されたコスメを
    誰が管理しているか
    わかるという事は
    製造依頼を出す方も安心です。
     
    原料→工場→保管
    携わる人々が見える
     
     
    私はこの旅によって
    更に自分のコスメに
    愛着を持ちました。
     
     
    携わる人々がみえる事って
    なかなかありませんから。
     
     
     
     
    またね宮崎
     
     
    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    151
  • BLOGCottonHouse(コットンハウス福島校)化粧品開発について2022.05.02

    現場を知らなければ物語は語れない

     
     
     
    素材探求
     
    現場を知らなければ
    「何が廃棄」なのかわからない
     
    何が不要で
    何が必要で
    何を使って欲しいのか
     
    それは
    第1作を作りながらも思っていた事。
     
     
    「私は何にも知らないんだ」
    そう突き付けられた気がする
     

     
    【白石ファーム】
     
    無農薬・無化学肥料、無かん水
    MOA自然農法で作られる野菜
     
    雑草がある事によって
    土が保温される為
    冬でも土が凍らない
    土が温かいと
    中の微生物も活動を続けられる
     
     
     
     
    サロンから車を走らせ約30分
     
    好間にある
    江戸時代から続く農家
    〈白石ファーム〉
     
    八代目の白石さんと
    研修生のあやかちゃん
     
    地域の食の事業によって
    知り合った事もあり
    「畑がみたいです!」と
    お願いしました。
     
     
    「もう終わりだよ~たべてみ」
     
    農薬を使用していないので
    バリっと食べれる
     
    もう終わりというけれども
    まだ甘い
     
    「出荷時はこの10倍甘い」
    らしいので
    来季は食べたいな。
     
     
     
     
    キャベツに花が咲くのを
    知っていますか?
     
    キャベツの丸玉を収穫後
    内側から
     
     
     
     
    この芯の部分から
    にょーんと伸びるナバナ
     
    アブラナ科特有の
    黄色のお花が咲きます。
     
     
     
    2枚目の写真から1週間程で
    こんなに成長
     
    キャベツの頭でいたので
    2度目の畑で迷子になったのは
    言うまでもありません。
     
    知らないってそういう事ですね。
     
     
     
     
    食べている部分と
    食べていない部分
    同じ位なのかな?
     
     
     
     
    加食しない外葉を
    実験用にもちかえる。
     
     
     
     
    娘も一緒に社会科見学。
     
    収穫だけの見学も楽しいけれど
    一つの作物の移り変わりも
    大切だよね。
     
    外葉を洗って乾かして
    ここからエキスを抽出してみよう。
     
     

    関連記事

     

    ◆ 雲の上はいつも晴れ

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№1)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№2)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№3)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№4 )

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№5)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№6)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№7)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№8)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№9)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№10)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№11)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№12)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№13)

    >>個人サロンがオリジナル化粧品を製造するまで(№15)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    101
  • BLOGエシカル書道教室・巡巡2022.04.25
     
     
    「6年間10人で6万枚」
     
    10人の生徒さんが1週間20枚書き
    それを6年間続けた結果
    廃棄となる反古紙(ほごし)の枚数
     
    膠を使用した墨が付いた紙は
    禁忌品となり
    リサイクル出来ず廃棄となります。
     

     

    ~何かおかしい~

     

    手漉きの和紙を作るのには
    原料の楮やミツマタ
    そして
    トロロアオイの「根」からつくられる
    ネリが必要になります。
     
    農林水産省の情報では
    楮やミツマタの生産量は
    徐々に増えています。
     
    しかし
    トロロアオイは作付面積も減少
     
    農家さんの高齢化
    そして炎天下の過酷な労働とは
    割りに合わない低賃金により
    廃業が続いています。
     
     
     
     
    トロロアオイは粘性があり
    この粘りで楮等の繊維を纏めます。
     
    部位としては、根を使いますが
    農薬にも弱く除草剤も使えず
    連作にも弱い。
     
    また、収穫量も不安定で
    作付けの土地を選びます。
     
    根が真っすぐ伸びる様
    しっかりとした深さも必要です。
     
    根の部分を太くするために
    新芽を摘み取る「芽かき」
    「葉かき」「摘芯」「摘蕾」等
     
    夏の炎天下に
    出てくる芽を何度も何度も
    手作業で潰す過酷な作業です。
     
    勿論、農薬も除草剤も使えない為
    手作業で炎天下の除草を
    繰り返し行います。
     

     

     
    書道を7歳からはじめた私ですが
    当時の半紙の値段は20枚で50円
     
    しかし今
    同じ位の書きやすさや
    厚みを持った半紙を買うと
    150円程します。
    しかも輸入品でです。
     
    条幅(大き目の出品用の紙)等は
    100枚で4000円程だったものが
    今や倍以上の価格に。
     
    質が落ち、値段が上がる
    なのに手に入るのは輸入ばかり。
     
    つまり上質な国産和紙の要の
    生産農家さんは減っている
     
     
    何かがおかしいと思いませんか?
     
     

     

    ~世界無形文化遺産~

     
     
    2014年に手漉き和紙は
    ユネスコ無形文化遺産
     
    書道は2021年に
    登録無形文化財となりました。
     
    書道には「文房四宝」
    (ぶんぼうしほう)
    と称される
    筆、墨、硯、紙があります。
     
    しかし、この文房四宝にも
    色々な事が絡んできます。
     
     
    「筆」
    筆は動物の毛ですが
    中国からの輸入が99%
     
    しかし
    動物愛護の観点
    筆を作る道具職人
    筆に使われる原毛
    後継者不足と
    筆の伝統も難題が山積みです。
     
    毛に関しては
    「人工毛」の開発
    駆除や食用によって得られる動物毛
    様々な取り組みが始められています。
     
    「墨」
    「煤」と「膠」を使った墨は
    寒さ厳しい冬の期間作られます。
    (暑いと膠が腐ってしまうから)
    なので膠入りの墨を
    使いかけだからと
    真夏に放置すると
    腐ってしまいます。
     
    逆に固形墨を室温18度以下にすると
    固まってしまいます。
    そして何よりも磨る時間。
     
    均一に磨るには時間がかかります。
     
    それ故に、固形墨より
    液体の墨汁使用が多くなり
    製造に半年ほどかかる
    伝統ある固形墨は減少しています。
     
    単純に水洗いで落ちにくい
    墨汁によって筆も痛みます。
     
     
    「硯」
    職人さんの高齢化
    軽いプラスチックへの転換
    書道人口の激減
    小学校での書道の減少と
    様々な要因がありますが
    硯でなければ固形墨は磨れません
     
    かといって、書道人口が
    早急に増える事もなく
    色々な形(コースター等)に
    形を変えて普及が始まっています。
     
    「紙」
    無形文化遺産に登録されたといっても
    石州半紙、本美濃紙、細川紙
    この3つになります。
     
    全て国産楮を使用した和紙です。
    石州和紙と細川和紙は
    地元楮らしいのですが
    本美濃紙は茨城県の那須楮
     
     
    大子町と常陸大宮市で作られる
    最高級品の那須楮
    小久慈硯と小久慈黒硯という
    硯もありますが
    職人さんは高齢化で1人
    とても入手が難しいらしいです。
     

     

    ~やらなかった理由~

     
    「美文字」や「書道の書き方」は
    どこの教室でも行っています。
     
    最初はそれでも良いのかな?と
    思いましたが
    PCベースから紙ベースに戻る事は
    紙の資源枯渇からして難しい。
     
    なにせ10人の生徒が
    6年間で廃棄するのは6万枚です。
     
    20人になれば12万枚
    30人になれば18万枚
     
    ひとえに
    書道の先生をやりたい!
    そう思っても
    長年踏み切れない部分があったのは
    そういった背景がありました。
     
    一人5000円の月謝×10人
    5万円だとします。
    アルバイトならありですが
    それでは生活が出来ませんよね?
     
    すると
    先生としては最低50人
    つまり25万円で
    最初の目標生徒数が
    50人になる訳です。
     
    すると6年間の反古紙は
    なんと、30万枚です。
     
    そういった事実を考えた時
    安易に教室を開こうと
    思えませんでした。
     
     

     

    ~それぞれを大切にする~

     
    最初に覚えるのは
    筆の持ち方使い方
     
    だったら
    水書き書道でよいのでは?
    そう思う様になりました。
     
    何度も何度も
    捨てながらの練習ではなく
    繰り返し使える水書き書道
     
    筆の使い方
    文字の筆順
    文字の配置
     
    廃棄するだけの
    紙でなくても良いのでは?
     
    全員が全員、四房文宝が
    最初から必要な訳では
    ないと思うのです。
     
    紙・筆・墨・の相性や
    作品との相性等は
    大きな作品を
    展覧会に出す様になってからでも
    遅くはないと思います。
     
    目標は
    「文字をキレイに書きたい」
    ですから。
     
    その付帯効果として
    「墨の香りでの充足感」だったり
    「手漉き和紙の手触り感」だったり
    集中し没頭することでの
    気持ちの開放だったりする訳です。
     
    ある程度納得するまでは
    水書き書道で練習し
    作品には心を込めて
    伝統ある本物に没頭する。
     
    それが私の考える
    エシカル書道教室です。
     

     

    ~級や段の必要性~

     
    よくある級や段は
    数多の数ある書道団体での
    認定となっているので
    20年以上やっていても
    師範になれない所もあれば
    2年程でとれてしまう所まで
    実に様々です。
     
    実際、書道の先生になるには
    資格は不要というのが本当の所です。
     
    やろうと思えば誰でもなれます。
     
     
    実際
    子供の部で一番上まで
    段位を取得するとします。
     
    しかし中学生や高校生になって
    大人の部になると
    新たに大人の部として
    最初からスタートという事が
    よくあります。
     
    つまり子供の部と大人の部では
    全く力量が異なる事と
    判定基準が変わります。
     
    引っ越し等で所属団体を変えると
    編入試験(多くは段位)があり
    団体によって見方も変わります。
     
    昇級試験も、昇段試験も競書も
    競ってうまくなるぞ!がんばるぞ!
    という事には良いと思うのですが
    勿論無料ではありません。
     
    子供のうちから段位をとっても
    どの道、大人の部に入ると
    最初からなのに?
     
    そんな疑問を抱くので
    競書誌や段級については
    今のところ考えておりません。
     
    履歴書に書けるのは
    文部省の
    「毛筆書写技能検定」
    「硬筆書写技能検定」
    書道の教員免許のみですから。
     
    大人の部以上になってから
    「どの競書で学ぼうか?」
    と様々な競書誌で学んでも良いわけです。
    通信で全国の無数の競書誌から
    好きな競書誌で学べます。
     

     

    ~地域の伝統と繋がる~

     
    3か月に一度
    「手漉き和紙」を
    自分たちで漉きます。
     
    何の植物から和紙が出来るのか?
    実体験する訳ですが
    この知る作業という工程が
    大切だと思います。
     
    例えば
    「魚は切り身で泳いでいる」と
    思う子供がいる程
    何から作られるのかを
    知らない現状。
     
    和紙は何から作られるのか?
    知る事によって愛着も持ちますし
    大切に使います。
     
    なかには、自分で楮を育てよう!
    そう思う方も出るかもしれません。
    書く事よりも紙漉きを仕事にしよう!
    そう思う方も出るかもしれません。
     
    遠く離れた中国の古い古典も
    基礎には大切ですが
    それよりずっと
    「何からできるのか?」
    「どうやって作られるのか?」を
    大切にしていきたいです。
     

     


     

    ~作品には本物を~

     
    普段は水書き書道として
    作品には本物を。
     
    固形墨を硯でする
    (墨の香りでのリラクゼーション)
     
     
    自分で漉いた和紙に作品を書く
    (集中と作品への愛情)
     
    これだけでも
    通常の書道教室では行いません。
     
    「大量生産の半紙に墨汁で書く」
    「大量に出た反古紙は捨てる」
    これが現状です。
     
     
    この「作品づくり」は本物
    という事によって
     
    良い筆も長く使える
     
    練習段階で摩耗しないので
    良い筆も長く使えます。
     
    良い墨も長く使える
     
    固形墨は磨り方によって
    淡くも濃くも使えます。
     
    磨る時間は精神統一の様に
    心穏やかになり
    時間の流れが緩やかに。
     
    ※希望により
    オンライン墨つくり体験を実施
     
     
     
    作り手や出来上がるまでを
    知らないまま
    ただただ書くだけの書道から
    作り手の見える学びのある書道へ。
    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    101

ARIRIA

  • 〒971-8189
    福島県いわき市泉滝尻二丁目8番地3
    TEL:070-7545-4210
    営業時間:9:30-15:30
    定休日:土日祝、その他講習等でお休み
    お支払い方法:現金、クレジットカード
    (VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)
    PayPay、RPay、d払い、オンラインプリカ